スタッフ/髙柳早紀

髙柳早紀(たかやなぎ さき)

Table of Contents

概要

  • 2013年4月スクウェア・エニックス入社

    学生時代に出会った、ファイナルファンタジーやキングダム ハーツなどをプレイして、ゲーム業界で働きたいと思うようになりました。

    専門学校は、プログラミング系統を学んでいました。学校はプランニングもさせてくれる場所だったため、どちらもバランスよく学んでいました。

  • FF14の第5ビジネス・ディビジョンに配属
  • クエスト班に配属となり、主に人型NPCコーディネイトを担当
    • FF14チーム内での部門トップは前廣氏、直接の上司は石川夏子氏となる。

関わったコンテンツ

14時間生放送

  • 2018年9月1日の「5周年14時間生放送」の開発者パネルに登場し、「集落のできるまで」というテーマで話をした。詳細は後述。


「集落のできるまで」

クエスト班とは

  • クエスト班の役割は次のように分かれている。
  1. シナリオの執筆とクエストのデザイン
  2. クエストの設計と実装
  3. 人が住まう集落のNPC配置と、そのコーディネイト
  • 今回の話は、この3番の後者。

コーディネイト(NPC Design)とは

  • FF14で登場するNPCには、大きく次の2種類がある
  1. 三面図のアートデザインから制作されるNPC(アルフィノアリゼーきょうだいや、アイメリクゴウセツなど)
  2. 汎用キャラクターメイキングパーツで構成されるNPC(エスティニアンマキシマ、タタル、ハンコックロウェナなど)
  • この後者をデザインして作り上げていく作業。
    • ※前者(例えばアイメリク)がオリジナル装備やオリジナル(フェイス)パーツを含むのに対して、こちら(ロウェナなど)はプレイヤーでもそっくりなキャラを作成することができるということ。

集落を作ろう

  • FF14のフィールド上に存在する「集落」を作り上げる作業。
  • 主に、集落デザイン担当と、コーディネイト担当で分担して作り上げている。
  • 段階的に次のように作業を進めていく。
  1. BG班作成のフィールド確認
  2. 世界設定班の設定原案を確認
  3. 集落設計(配置イメージ・配置NPCイメージ)
  4. レベルデザイナーやBGデザイナーに相談
  5. NPC仮配置 ※
  6. コーディネート設定 ※
  7. NPCへのモーションや演技付け ※
  • ※付きを以下で説明

アジム・ステップの場合

NPC仮配置

  • 注文表
    • いろいろなデザイナー達から、こういうNPCのが欲しいという要望リストが来るのでそれをまとめる。
    • 種族、性別、年齢(成人か)、武器の有無・種類(弓・剣)、部族(ケスティル族など。部族勢力により、配置する部族の数も考慮する)、その他コメント
  • 仮配置:
    • 集落デザイン担当が、とりあえず集落予定地に仮置きのアウラキャラを置いていく。
    • FF14チームでは、どれがFIXでどれが仮なことを示すために「モーグリキャップと水着」を着せるのが伝統となっていた。しかし「蒼天のイシュガルド」前のPLLで、吉田Pイシュガルド都市内を歩いていたら、映さないという約束だったのにこの仮置きNPCが映ってしまった。見事にキレイに写ってしまった。これはいまだに根に持っている。そこで4.0からは万一見られても大丈夫なように、仮置きNPCのデフォ装備を普通のシャツに変更した。

コーディネート

  • それぞれのNPCに合わせて、装備や髪型、服装、目の色などを設定していく。
  • ウヤギル(Uyagir)族:千里眼を持っているという設定だったので眼の片方違ったり。
  • ドルゴノ:戦士クエストで登場するアウラ女性。
  • ケスティル族:沈黙の民でしゃべらない。口元を隠す装備。
  • ガール(Gharl)族:メインクエストでしか登場しない。「終節の合戦」の始まりを知らせる部族。白い部族衣装。
  • ボーズ売りのチャンブイ
    • 再会の市の売り子
    • (ものを売る)という設定から”袖まくり”をさせて、「再会の市」で最初に出会うのでかわいくした。※これらは設定されているわけではない。
  • 明けの玉座のGUYS
    • 集落担当が筋トレをしているNPCを配置することが多い。明けの玉座にもいた。
    • ブドゥカ族のコーディネートは石川氏と一緒に決めた。ぴったりの装備があったのでそれに決まった。筋トレ組は肌艶を良くして、太陽が当たるとテカるようにした。ライトの当たり方なども見ながら設定した。
  • 4.0では、こうしたNPCを200~300体は作っていった。FATEのNPCなども一緒に作っている。

重要NPCをつくろう

  • 注文表
  • シリナ
    • 戦う少女、天然で優しくて…で前髪をおろしておしとやかに。
    • 話を読むとぐいっと来れる子だということで髪を分けて額を出した。
    • 顔もカットシーンで目立つので白く。
    • 緑じゃないのではないかと、赤系統の中で色を選んで紫の髪型にした。これが一番長かった。
    • その後部族装備も出来て、ピンクにした。可愛らしさと凛とした姿から。
  • マグナイ
    • マグナイができる前に、他のアウラをキャラを作っていた時に、偶然とってもかっこいいアウラが出来た。
    • どうしても自慢してくて石川氏に「どうしよう、見てください」と送ると、石川氏が「どこかで使おう」という話になっていた。
    • それが後にマグナイに決まった。
    • 金色の甲冑を着せたときもあった。石川からこれはちょっと…となって、いつものマグナイに落ち着いた。
  • オマケ「アサヒができるまで」
    • これもアートが書かれていないキャラ。
    • 当初コーディネートだけでやろうとしたが、「これはかなり大事なキャラでは?」となった。そこでキャラデザインに駆け込み相談をして、どうにかイケメンに変えて欲しいとお願いして変えてもらった。※つまり汎用パーツでは一部再現できない箇所がある。
    • これにより育ちきっていないあどけない顔に。髪型も(アイテム班リーダーの)林氏に頼んで1枠もらった。
    • テンションが変わるなら顔も変えてしまおう。ということで顔つきも変えた。だからアサヒは顔が2つある。赤いほうのフェイスが4.2のメインクエストの最後の直前まで。光の戦士とあの話をしているときから青い枠のフェイスに変わる。こういう2つも顔がある特殊なのはアサヒだけ。
    • 眉毛が釣り上がる。目元も涙袋を増やして睨んでる感じに。口元も口角が上がっているが、無表情に近い。宿屋の「愛用の紀行録」でも2種類を確認できる。