Steam版FF14

Steam版 FF14

  • 新生ファイナルファンタジーXIV(FF14)」の流通形態のひとつ。

概要

  • FF14のWindowsバージョンのうち、Steamプラットフォームを通じて提供されるもの。

    FF14はMacOSバージョンも販売されているが、Mac版についてはスクウェア・エニックスの公式オンラインショッピングサイト「e-STORE」でのダウンロード販売形態でのみ提供され、一般的なパッケージ形態や、Mac版Steam(macOS on Steam)では提供されていない。※2018年現在

Steam版の特徴

  • FF14の基本パッケージをSteam版で購入した場合、以後の拡張パッケージはすべてSteam版しか適用できない。
    • 最初にSteam版を購入した場合は、ずっとSteam版で拡張していく必要があるということ。
  • その逆も同様で、基本パッケージをSteam以外で販売される一般パッケージまたはダウンロード版で購入した場合、それに対してSteam版の拡張パッケージを適用することは出来ない。
    • 最初に(Steam版以外の)一般パッケージを購入した場合、以後Steam版の拡張パッケージは適用できない。

「FF14の基本パッケージ」とは、FF14をプレイするための基本的なパッケージのこと。未プレイの人が新規にプレイ開始するときには、この基本パッケージのいずれかを購入する必要がある。さらに拡張パッケージ部分をプレイするには、随時拡張パッケージを購入する必要がある。

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック
その時点で販売されている拡張パッケージをすべて含む。これ一本を購入するだけで、その時点でのFF14のすべてのコンテンツをプレイすることができる。
2018年現在は、基本パッケージ(新生)+「蒼天のイシュガルド」+「紅蓮のリベレーター」の内容になっている。
ファイナルファンタジーXIV スターターパック
基本パッケージのみ。
いわゆる新生エオルゼア部分のみが含まれ、以後、「蒼天のイシュガルド」及び「紅蓮のリベレーター」で追加されたコンテンツをプレイするには、別途個別の拡張パッケージを購入する必要がある。
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア
過去販売されていたパッケージ。

その他注意事項など

  • Steam版クライアントは、内部的には通常のWindows版クライアントとおなじで、プレイする上での制限や差異は一切ない。
  • 選択できるサーバーにも違いはない。
    • ※FF14では、Windows版・PS4版・Mac版・Steam版など、プレイ環境および提供形態に関わらず、プレイするサーバーはすべて共通となっている。それぞれのサーバー上には、各プラットフォームのプレイヤーが混在して区別なくプレイしている。

Steam版のレジストレーションコード登録について

  • Steam版のレジストレーションコードは次の手順で確認・登録できる。
  1. Steamクライアントの「ライブラリ」一覧内で「ファイナルファンタジー XIV」を選択する
  2. 右クリックで「CDキーを表示」を選択する
  3. スクウェア・エニックス公式サイト「モグステーションhttp://sqex.to/Msp)」で上記コードを登録する

Steam版の購入是非

  • 日頃からSteamプラットフォームでプレイしていない人は、Steam版を選択するメリットはない。

    もう少しはっきりいうと、「Steamって何だ?」というような人や、今このページを見ているような人の場合、Steam版は購入してはいけない。

  • 参考のために、Steam版FF14のページに掲載されている「最も参考になったレビュー」が大変的確な内容でわかりやすいため引用する。

    windows版を買ったやつはsteam版買っちゃだめだぞ。windows版を買ったら、e-storeだったりゲーム販売店に行って、windows版はwindows版にそろえる。steam版で買ったらsteamで買ってそろえる。バージョンが違うもので買ったりすると、レジストレーションコード打てなくなります。運営が言うにはプラットフォームが違うかららしいが、どう見ても怠慢でしかない。バージョン違うの買って泣きを見る前に、注意して購入してもらいたい。ちなみに公式発表もされてない情報なのでチェックしてほしい。

  • 逆に日頃からSteamプラットフォームで様々なゲームをプレイしている人は、一般パッケージではなくSteam版を購入したほうが同一プラットフォームで管理できるメリットがある。

Steamストア