プロデューサーレター&開発者ブログ更新(ダンジョントレーラー PART1)&プロモーションサイト更新


ニュースページのコメントはサイト管理人の個人的主観を含みます。ご了承ください。

Table of Contents

第48回 FFXIVプロデューサーレター (2013/07/25)

第48回 FFXIVプロデューサーレター (2013/07/25)

「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」を楽しみにお待ち頂いている皆さん、こんにちは。 いよいよ発売日まで1ヵ月、ローンチに向かって死力を振り絞っている開発現場より、 第48回プロデューサーレターをお届けします!

まずはβテストフェーズ3へのご参加、ご協力、本当にありがとうございました! キャラクターデータが削除となるクローズドβテストにも関わらず、隅々までのテスト、 多数のフィードバックをいただき、開発/運営チームを代表してお礼申し上げます。

現在開発チームはβテストフェーズ3でのフィードバック対応と最後の検証作業、 そして「エンドコンテンツ」の最終バランス調整に臨んでいます。

新生FFXIVはメインクエストに沿って、大きな物語が進行していき、冒険者である皆さんのレベルが、 レベル50に到達した頃、ストーリーは一旦大きな区切りを迎えます。 ですが、FFXIVはオンラインゲームであり、その後もアップデートが行われていくので、 エンドロールの後にも物語は続きますし、パッチで更に進行していくことになります。 また、正式サービス開始直後のメインクエストをクリアしても、最強の状態になれるわけではありません。 ここから「エンドコンテンツ」という遊びを通じてゲームプレイは続きます。

例えばβテストフェーズ3で皆さんが戦った蛮神イフリートメインクエストではレベル20のイフリートイフリート討伐戦)でしたが、エンドコンテンツには、 「真・イフリート討滅戦」があり、こちらはレベル50想定。言わば「ハードモード」。 イフリートの意匠が施された装備は、このコンテンツをクリアすることで入手可能です。

新生FFXIVはコンテンツの難易度を示すヒエラルキーが厳密に決められているので、 各バトル系エンドコンテンツのテストプレイをするときは、全ジョブに想定装備が割り当てられます。 順序良くコンテンツをクリアし、装備を集めてくればこうなる、という想定に従った装備一式です。 論理上の最大DPS(単位時間当たりのダメージ数)もきっちり計算されているので、 あとはプレイヤーの腕を想定し、どの程度の難易度で着地させるかを決めるわけです。 (デバッグ表示で各プレイヤーのDPSも表示してチェックを行います。プレッシャーが……)

高難易度となるため、吉田とバトルチームだけではプレイヤースキルのある人数を揃えられず、 吉田+バトルチーム+他の部署にいるMMORPGコアゲーマー総出での調整が行われています。 (各部署の皆さん、ご協力感謝!)

今日はそんなエンドコンテンツ調整のヒトコマを。

10343_1.jpg

お怒りの蛮神タイタン様。CRYSTAL'S CALLトレーラーでバトルシーンが一部紹介されています。 こちらは真・タイタン討滅戦。メインクエストで登場するタイタン戦は4人でのコンテンツですが、 メインクリア後のハードモードでは8人パーティで挑んでいただきます。 (アップデートでは各蛮神の「極」も追加予定) SSを取ったら、たまたま吉田は生きていましたが、この時は逃げてばかりでDPS全然出せず。 で、いい加減にせいやー、とタイタン様が振りかぶって……。

10343_3.jpg

間もなく吉田も落着しまーす。開発も皆腕に覚えあるプレイヤーばかりなので本気です。 みなハイテンションなので大笑いしつつ、チャットで次々謝罪が飛びます(笑)

10343_5.jpg

ドシーンとね……。で、この激震(レイドダメージ)痛すぎないかと調整対象となったのですが……。

10343_6.jpg

ある箇所を下げれば、違う箇所を上げるといったギリギリの調整が行われていきます。 神タイミングでのリミットブレイク レベル3が炸裂したりと、調整中にはスーパープレイも飛び出します。

10343_8.jpg

こちらは4人パーティ用の高難易度ダンジョン。ネタばれしないようにしてありますが四面楚歌。 ギリギリの戦いをお楽しみいただけます。デモンズウォールは中ボスです。

10343_10.jpg

旧FFXIVプレイヤーの方々が気になる「蘇る古の武器クエストの調整ヒトコマ。 (クエスト名後ろの名前はデバッグ表示なので気になさらずに) 最強武器を作るためのクエストですが、旧FFXIVから変更が入っています、お楽しみに!

吉田はプライベートでは色々なインターフェース機器を使いますが、新生FFXIVのコンテンツチェックは、 ゲームパッドモードで行っています。ちゃんとクリアできるか、DPS出せるかを検証しています。 こうした調整にある程度目処が立ったら、PlayStation®3版での最終調整とダブルチェック。

自分たちで開発しているとは言え、ゲームをひたすらプレイするのはやはり楽しい! メインクエスト後半のバトルコンテンツ調整と並行しつつ、まさにリリース目前という状況です。

βテストにご協力いただいた、世界中のプレイヤーの皆様にお礼申し上げます。 また、旧FFXIVプレイヤーの皆様に、長い間、多大なるご支援とご声援をいただいて、 ようやくあと一歩のところまでやってきました。 気を抜かずに、このままの勢いで発売まで突っ走っていこうと思います!

それでは、第8回プロデューサーレターLIVEでお会いしましょう! See You Soon

  • 引き続き「エンドコンテンツ」の最終バランス調整に勤しんでいるとのことで、エンドコンテンツの説明から入っている。
  • 新生FF14もレベル50でメインクエストはいったん終わり、ここでエンドロールが入る。その後、それだけでは物足りない人向けのコンテンツが「エンドコンテンツ」となる。ある種廃MMORPGプレイヤーにとっては、むしろここからが本番だといってもいいだろう。
  • エンドコンテンツでは、レベル20のメインクエストで戦うことになる「イフリート」が強力になって再登場する。それが「真・イフリート討滅戦」であり、新生ではレベル50想定の強さに調整されているという。
  • そのエンドコンテンツのデバッグを行なっているわけだが、

    新生FFXIVはコンテンツの難易度を示すヒエラルキーが厳密に決められているので、 各バトル系エンドコンテンツのテストプレイをするときは、全ジョブに想定装備が割り当てられます。 順序良くコンテンツをクリアし、装備を集めてくればこうなる、という想定に従った装備一式です。 論理上の最大DPS(単位時間当たりのダメージ数)もきっちり計算されているので、 あとはプレイヤーの腕を想定し、どの程度の難易度で着地させるかを決めるわけです。 (デバッグ表示で各プレイヤーのDPSも表示してチェックを行います。プレッシャーが……)

  • とデバッグでもプレッシャーがかかる内容となっているようだ。SSでも開発のデバッグプレイにもかかわらず「落下しました。すいません」「まじで、すいません」などとどこかで見た光景が繰り広げられている。
  • しかしエンドコンテンツではプレイヤーに簡単にクリアされては困る(歯ごたえがないということになってしまう)ため、ここで十分な調整が必要になるのだ。
  • SSでは「真・タイタン討滅戦」が紹介されているが、タイタンイフリート同様にメインクエストでも4人向けバトルとして登場することが触れられている。もちろん「真・タイタン討滅戦」についてはSSにもあるようにレベル50プレイヤー8人によるハードモードとなる。さらに「アップデートでは各蛮神の「極」も追加予定」と書かれており、当分エンドコンテンツには困らないようだ。
  • SS4枚目は先日もポロリがあった古城アムダプールの4人向けコンテンツ。
  • そしてSS5枚目は、レガシープレイヤーのみなさんにはお馴染みのレリック取得クエスト蘇る古の武器ブラビューラ編(※「クエスト名後ろの名前はデバッグ表示なので気になさらずに」とのこと)。ハラタリっぽいところで戦っているが、これは現行版で4人で戦ったファクションリーヴが、新生では8人プレイコンテンツに変更されるのかもしれない。戦士ファクションといえばコボルドに煮え湯を呑まされた人も多いだろうが、新生ではどのように変わるのだろうか。

このニュースをどう思いますか?【 y 15  : n 7  】


開発者ブログ更新(ダンジョントレーラー PART1)

ダンジョントレーラー PART1

こんにちは。
プロジェクトマネージャーMです。

先ほど、ダンジョントレーラーPart1が公開されました!


--http://youtu.be/FIji-NG2c7g

今回は特別に開発内部用の設定イラストも少しだけお見せします~

カッパーベル銅山
http://rss.finalfantasyxiv.com/jp/blog/jp/JP20130725_4.jpg

ハラタリ修練所
http://rss.finalfantasyxiv.com/jp/blog/jp/JP20130725_2.jpg

トトラクの千獄
http://rss.finalfantasyxiv.com/jp/blog/jp/JP20130725_3.jpg

ハウケタ御用邸
http://rss.finalfantasyxiv.com/jp/blog/jp/JP20130725_1.jpg

ブレイフロクスの野営地
http://rss.finalfantasyxiv.com/jp/blog/jp/JP20130725_5.jpg

Part1という事はPart2もある予感っ!


Project Manager M
  • ほぼ9分の長いトレーラーとなっており、サスタシャ侵食洞など初期レベリングダンジョンの紹介をするビデオとなっている。
  • ただカメラワークが通常プレイするものとは異なっているので、すでにβテストで遊び尽くした人でも新鮮な感覚で見ることができるだろう。

このニュースをどう思いますか?【 y 3  : n 2  】


プロモーションサイト更新

このニュースをどう思いますか?【 y 2  : n 0  】