NPC・組織/角尊


角尊(つのみこと)

  • グリダニアにいる頭に2本の角を持つ少年たち
  • 精霊と交信できる特別な存在であり、話し方や立ち居振る舞いにどこか神々しさがあり尊敬を集めている。
Table of Contents
E32010008.jpg

種族

最初の角尊「イ・オク・ポタ」

  • 最初の角尊はイ・オク・ポタ。父母は、最初に精霊との対話に成功した幻術士ヨリンとその妻。
  • 第六星暦1076年に幻術士ヨリンが試行錯誤の末に精霊との対話に成功。その4年後1081年にヨリンの妻が頭部に丸みを帯びた奇妙な突起を持つ長男を出産する。

指導者へ

  • 1093年9歳の時に成長が止まり病の疑いがかけられるが本人が自ら否定。森の精霊が語った言葉として、自らを「人と精霊との仲介者」であるとした。この時精霊が彼を呼ぶ時のエーテルの波動を音に変換したという「イ・オク・ポタ」へと名を改めた。
  • 第六星暦1123年、それまで暴風雨の襲来やシュラウドアップルの樹木の疫病の発生、ナマズの大量発生などを預言し、神童ともてはやされ実質的な指導者となっていたイ・オク・ポタは、精霊評議会の道師たちの求めにより正式に「幻術皇」として国政を預かることとなった。

その後の角尊

  • 第六星暦1117年、グリダニア在住のヒューラン族の家庭に2人目の角尊が誕生。イ・オク・ポタが引き取って育てることとし、義父として「ウ・コテ・ヌム」と命名する。
  • これ以後、角を持つ子供を「角尊」と呼び、碩老樹瞑想窟で育てることを掟とした。

成長

  • 角尊は成人後も幼少時の見た目を維持し続ける。外見上は若々しく見えるが、実際の年齢はそれ以上であることも多い。
  • イ・オク・ポタは百歳を迎えても10代前半の容姿であったという。

寿命

  • イ・オク・ポタは第六星暦1353年に瞑想に入ったまま安らかに死を迎えたという。享年272歳。老衰とされる。
  • ア・トワ・カントは旅の途中で客死しており、享年198。

白魔法の使い手

  • 角尊(つのみこと)は人々と精霊の仲介者であり、幻術士であると同時に「白魔法」の監視者であり、白魔法を継承する「白魔道士」であるとされる。

角尊の一覧

カヌ・エ・センナ
三姉弟の長女。グリダニアの指導者。第六星暦1549年生れ。1561年12歳で幻術皇に就任。
ラヤ・オ・センナ
三姉弟の次女。
ア・ルン・センナ
三姉弟の一番下で、長男。たいていラヤ・オ・センナと行動を共にしている。
エ・スミ・ヤン
グリダニ 幻術士ギルド(碩老樹瞑想窟)のギルドマスター
オ・アパ・ペシ
エ・スミ・ヤンの弟子
エ・ウナ・コトロ
クォーリーミルにいる。「死者の宮殿」のために特殊な魔器を作成した人物。
イ・オク・ポタ
最初の角尊。第六星暦1081年生れ、1353年没。
ウ・コテ・ヌム
二番目の角尊。イ・オク・ポタが義父となり育てた。
ア・トワ・カント
白魔道士ジョブクエストで登場。故人。白魔道士レリック武器「タイラス」で語られる。

関連項目

グリダニア】【黒衣森