NPC・組織/砂蠍衆


砂蠍衆(さかつしゅう/the Syndicate)

  • ウルダハを実質的に支配するメンバー
  • 6人の顔役で構成されており、国内の最も有力で最も富裕なメンバーから選抜される。
  • 砂蠍衆は、ウル朝ウルダハ王家を立てる「王党派」と、有力商人による自治を望む「共和派」に分かれている。
  • "砂蠍"とは砂サソリの意味。
    バートラム : 「砂蠍衆」をご存じか?それは、ここウルダハのまつりごとを治める者たち。
    バートラム : 「コロセウム」、「プラチナミラージュ」といった娯楽施設、
           宝飾店「エシュテム」といった名店などのオーナーが名を連ねている。
    バートラム : ここは商人の都市だからな。裏金で政治が動くよりは、わかりやすいだろう。
Table of Contents

砂蠍衆メンバー

第六星暦末の砂蠍衆メンバー

砂蠍衆

現在(第七星暦)の砂蠍衆

砂蠍衆
砂蠍衆

メンバー構成

過去の砂蠍衆メンバー

  • コロセウムのオーナーであったライチャードは、コロセウムで勝利しナナモ女王の後ろ盾を付けたラウバーンが砂蠍衆入りするまでメンバーであった。
  • ララフェルのCicidoa Sosodoが前の砂蠍衆だと記されている。(former Syndicate Members include self-made Lalafell Cicidoa Sosodo.)

砂蠍衆に会うには

  • ウルダハ政庁層の「Heven's Shard」の奥が執務室であると思われるが、王城近衛兵が警備しており近づけない。
    ムムタノ : 砂蠍衆さま方に謁を賜る権利を持つは、勝者のみ! 去れ!
    ミルゴゴ : ここから先、歩み入る権利を持つは富貴なる者のみ! 去れ!

下部組織

  • 自警団として「銅刃団」や「銀冑団」「鉄灯団」を組織する。
    • 近衛兵団銀冑団(The Sultansworn):ウル朝ウルダハ王家に仕える近衛師団。
      • トリストラム卿(Jhal Tristram): 「銀冑団」の黎明期を支えた「偉大なる三騎士」のひとり。初代ウルダハ王(ササガン王:Sasagan)は、近衛兵団「銀冑団」の結成にあたって「聖剣」と同じ石材から三振りの剣を作らせ3人の騎士に与えたという。そのうちのひとつが名剣「コルタナ」で、トリストラム卿の死後、遺体と共に埋葬されたという。
      • 現総長はジェンリンス(アゴ割れヒューランミッドランダー)だが共和派に操られている。前総長ソルクザギル(ルガディン)は初代総長がウルダハ王家から授かった宝剣である「聖剣」を持ち出し姿を消したという。「銀冑団」の初代総長と「偉大なる三騎士」の4人が辺境を荒らしていたアマルジャ族を成敗した逸話が「写本:トリストラムの歌」に登場する。
    • 銅刃団(The Brass Blades):砂蠍衆が雇った傭兵で構成された自警団で主にロロリトテレジ・アデレジが支配する。身分は傭兵で、都市や村、街道などを警備する。8号霊銀試掘場ではこの銅刃団が警備を放棄したためにアマジナ鉱山社の「鉄灯団」が代わりに警備している。クエストではオーキッド小隊アーロット隊長、ロータス小隊リュモモ隊長、ヴァイオレット中隊ジャジャサム隊長などの名前が見える。
    • 鉄灯団(The Stone Torches):アマジナ鉱山社の自警団として採掘施設を防衛する。
    • 見えざる毒尾:砂蠍衆の共和派が雇う暗殺者集団。痕跡も残さぬ仕事ぶりから、巷では、単なる噂で実在しないと信じられているほど有能だという。
  • 不滅隊ラウバーンは、これら「銅刃団」「銀冑団」「鉄灯団」に協力を要請するが断られている。

獣人排斥

  • ミスリルアイによれば、砂蠍衆は十余年前に獣人排斥の方針を打ち出したという。

関連項目