NPC・組織/影隠一族

影隠一族

  • 忍びの一族
Table of Contents

概要

  • ひんがしの国、影隠の里に住む忍びの一族。
  • 国元はコウシュウであるという。
    冷静な柘榴衆 : こちらが遅れたせいで、クガネで待っていた依頼人が、
    コウシュウの国元まで帰ってしまったのだ。
  • 戦国時代のころ、初代ハンゾウが影隠の里の長であった。
    ユキ : 影隠一族といえば、戦乱の時代に隆盛を誇り、
    一騎当千と言われた精鋭揃いの忍び集団だ。
  • 影隠の里は、かつてとある国主に焼き討ちを受けた。「禁忌口寄せの術」を用いて国主の末裔に復讐を果たすため、巻物を取り戻すべくヤンサへと攻め寄せてくる。
    ユキ : だが、肝心の里がとある国主の軍勢に焼き討ちされたんだ。
    女子どもは斬殺されて、外の戦いに出ていた忍びも、
    罠にはまって全滅したと聞く……。
十二代目ハンゾウ
  • 現在の長は十二代目ハンゾウ。
    私は、ひんがしの国の「影隠一族」を束ねる、
    十二代目「ハンゾウ」だ。

忍びの本流

  • 忍びの本流を称する。
    ハンゾウ : 我ら影隠一族は、忍びの本流……
    抜け忍、サスケの末流を手玉に取ることなど造作もない。

抜け忍サスケ

  • 十二代目ハンゾウによれば、ドマの忍びの里を開いたサスケは「抜け忍」であるという。
    抜け忍、サスケの末流めが……。
    どうやら、貴様らもサスケの末流、ドマ者のようだな。
    つまり、貴様らが使う忍術の、本流の宗主ということになる。

四ツ印

  • 影隠の里の上忍は、四ツ印を習得する。
    ハンゾウ : 貴様らドマ者の忍術は、三ツ印止まりだろうが、
    我ら影隠一族の上忍は、四ツ印まで修得している。
  • ただし、ドマの忍の里のゲッカイ及びカラスも四ツ印を習得している。
    カラス : 四ツ印は、我が師匠ゲッカイも修得してたんだ。
    なんせ、ボクは最後まで師匠についていった優秀な弟子だから、
    いつの間にか、修得しちゃってたんだよネェ~。

口寄せの術

  • 初代ハンゾウの編み出した忍術
    カムイ : 遥か昔……ひんがしの国が戦国時代の頃、影隠の里の長である、
    初代ハンゾウは、強力な「口寄せの術」を編み出した。
    カムイ : だが、国盗りのために用いることはせず、
    己の里を守るためにのみ、使うことと決めた。
    そして、その術は一巻の巻物へと封印された……。

関連項目

ひんがしの国】【ドマ】

柘榴衆

サスケ】【オボロ】【カラス