NPC・組織/ラムザ・レクセンテール

ラムザ・レクセンテール(Ramza Bas Lexentale)

Table of Contents

概要

  • ジェノミス・レクセンテールの息子でアルマ・レクセンテールの兄。
    10代半ばの少年 : やめろと言ったじゃないか、アルマ。
    ジェノミス・レクセンテール : ……息子と娘の名、ラムザとアルマは、
    イヴァリース伝説に登場するふたりの兄妹の名前なのだ。
    その親友こそラムザ、そしてその妹アルマ。
    私は息子と娘に彼らの名をつけたのだ。
    10代半ばの少年 : やめろと言ったじゃないか、アルマ。
    父さんの捜索はボクがやると!
    アルマ・レクセンテール : よそ者って、兄さん……この地でよそ者は私たちよ。
    アルマ・レクセンテール : 兄さん! どうか私も一緒に……!
    アルマ・レクセンテール : お願い……です。
    父さんと兄さんを止めて……。

イヴァリース

  • 父とともに、デュライ家の子孫たる使命を果たそうとしている。
    ラムザ・レクセンテール : これがその禁書「デュライ白書」です。
    正確にはオーランが書いた草稿の写しと語り継がれていますが。
    本物はどこかへ封印されてしまったとのことですからね。
    ラムザ・レクセンテール : だけど、ボクら一族にはこの写しが継がれてきました。
    異端者として処刑されたオーランの名誉を取り戻すためにと。
    ラムザ・レクセンテール : 父さんは……いえ祖父や曾祖父、ボクらの一族は、
    長年にわたる研究の末、一部を解読することに成功しました。
    ですが……。
    ラムザ・レクセンテール : 大丈夫さ、父さん、まだこの「デュライ白書」の写しがある。
    今までの記憶を元に、解読できそうなところを、
    頑張って翻訳しよう!