NPC・組織/ヨツユ

ヨツユ(Yotsuyu)

ヨツユ
Table of Contents

概要

3D9L26S.jpg
  • 性格は残忍極まりない。
  • 妖艶な美貌を持つ。
    • 吉田P曰く、ヨツユのモデリングは気合を入れてやりましたとのこと。
  • ドマの民を憎み、粛清という名目で悪逆非道な仕打ちを繰り返す。
    ゴウセツ : 現在、ドマはゼノスから総督の責務を任された、
    「ヨツユ」という牝狐の下で、より締め付けが厳しくなっておる。
    このままでは、残された民も、そう長くは保つまい……。
  • 過去に秘密があるという。
    ゴウセツ : フッ……。
    廓きっての女狐が、国を売って偉くなったものよ。
    ヨツユ : 聞き飽きてるのよ、そういう負け惜しみは。
    ゴウセツ : では、ナエウリの忌み子と呼ぶか。
    それとも、サシハイの寡婦と呼ぶか……。
    こうして祖国を蹂躙し、おぬしの気は晴れたでござるか?
    ヨツユ : そこまで調べてあるのなら、問うまでもないだろう?
    ヨツユ : あたしの腹は底なしの沼……満足にはまだ、ほど遠い……。
    ヨツユ : だから、もっともっと酷くしてあげる。
    お前さんたちの泣き声と、哀れに地を這う醜態で、
    この耳と目を慰めておくれよ。

生涯

  • ナエウリ家の生まれ。
  • 実父母はすでに他界しており、母方のおば(母の妹)の家で養われていた。
    気の強そうな女 : いえ、そのぉ……死んだ姉夫婦の娘でして……
    養ってやってるのに、言いつけを守らないので困っております。

養母と弟

幼少時のヨツユ
  • 弟(実はいとこ)のアサヒが優秀で、ガレマール帝国本国の魔導院に留学できる可能性もあるとされ、特別恩賞が出るほどであった。(25年前の占領後で、20年ほど前の出来事か)
  • これは辺境の属州にはめったにない栄誉であるという。
    眼光鋭い帝国兵 : ……という次第で、ナエウリ家に特別恩賞を渡しにきた。
    教師たちも、アサヒの優秀さには一目置いているそうだ。
    眼光鋭い帝国兵 : 今後の努力次第では、本国の魔導院に留学できる可能性もある。
    こんな辺境の属州には、めったにない誉であるぞ。
    引き続き、精進するように。
  • ヨツユ自身は養母であるおばから冷遇されており、属州法で定められた教育すら受けさせてもらっていなかった。
    眼光鋭い帝国兵 : ふむ……学舎には寄越しているか?
    あの年頃の児童には、教育を受けさせるべしと、
    属州法で定められているはずだが……。
    気の強そうな女 : あ、ああ、はい!
    ときどき……それなりに……
    何せ、体が弱いものでして……オホホ……。
    
    ヨツユ : あたしの親は、あたしを牛や馬と同じに、働くだけ働かせた。

結婚

  • 弟アサヒに出世の兆しが見えると、ヨツユは嫁がされた。
    そして、可愛がってた弟に出世の兆しが見えると、
    恥を隠すように、あたしを嫁がせたのさ……。
    
    ヨツユ : あたしを娶ったクソオヤジは、いいように暴力を振るった。
    親を敬い、主人を立てろと孝道を説く連中には、
    いつだって見て見ぬふりをされてきた!
    ヨツユ : あたしはもはや、あたしでなかった!
    ドマの誰もが、この心を在るとみなさなかったッ!
  • ゴウセツが「サシハイの寡婦」と呼んでいることから、おそらく結婚相手(クソオヤジ)はサシハイという人物であったと思われる。

身売り・諜報員

  • 結婚した相手が死ぬと、厄介払いで身を売られたという。
    ヨツユ : ……結局、旦那が早くに死んで、厄介払いで売られた先で、
    帝国の諜報員として生きる道を見つけたのさ。
    ヨツユ : あのときは、嬉しかったぁ……目から鱗が落ちた気分だった。
    親でも旦那でも店でもなく、あたし自身に、
    お金という価値を支払ってくれたんだから……。
  • はっきりとは記述されていないが女郎屋に売られたものと思われる。
    ゴウセツ : フッ……。
    廓きっての女狐が、国を売って偉くなったものよ。
  • 諜報員としてガレマール帝国側で働く中、幼いころに満たされなかった思いはドマの民への恨みへと変わっていく。
    ヨツユ : あたしは、それで満たされた……そのはずだった。
    なのに、あの反乱で、蹂躙されるドマ人を見ていたらね……
    もっともっとと、疼いたの。
    ヨツユ : かつて、見向きもしなかったあたしの足の下で、
    奴らが苦しみ、喘ぎ、泣き叫ぶ姿!
    あたしより無力で愚かだと、烙印を押す瞬間…………
    ヨツユ : そうよ、あたしは挑み続けた!
    嫌いで憎くて恨めしい、窮屈な世界に!

代理総督

  • その後情報屋のツテからドマ属州の代理総督になった。
    ゼノス : 単なる情報筋でしかなかった貴様の願いを聞き入れ、
    代理総督の座につけてやったのは、なぜか……。

トレイラービデオ

関連項目