NPC・組織/ユウギリ


霧隠のユウギリ(Yugiri Mistwaker)

Table of Contents

概要

  • 何らかの原因で故郷を追われ、エオルゼアへと落ち延びてきた難民たちの指導者であるという

はるか東方オサード小大陸」の辺境都市「ドマ」より、エオルゼアへと落ち延びてきた難民たちの指導者。 異国風の装束に身を包んだその姿からは、数々の困難を乗り越えてきた者特有のただならぬ気配を放つ。何やら事情があるらしく、その素顔を決して人前にさらそうとはしない。

生涯

ユウギリ
  • ドマの生れ。
  • 圧制者に抗う力を求めて忍の里に赴き、厳しい修行の果に忍術を体得する。
  • やがて上忍と呼ばれるまでに成長する。

ドマ将軍家とのつながり

  • やがてドマ将軍家の生き残りと主従の契りを結び、ガレマール帝国軍との闘争に身を投じる。
  • 乾坤一擲の反攻作戦に出るが失敗し、帝国軍に敗れた彼女は、主の命に従い難民たちを率いて脱出することになる。

逃避行

  • 逃避行は厳しく絶望に満ちたものであったが民を鼓舞し続け、困難の果にエオルゼアへとたどり着く。
  • そして「暁の血盟」との出会いを通じてレブナンツトールという新天地を得ることになる。

アウラ

武器

  • 使用武器は、「無銘伝吉光
  • 無銘ながら、伝説の刀工「吉光」の作と伝わる短刀。
  • リムサ・ロミンサの政庁から作戦への協力に対する感謝の印として贈られたもの。
  • 元々は薙刀として造られていたものを双剣として用いるために手直ししたものという。

関連項目