NPC・組織/モーグリ


モーグリ族

概要

  • グリダニア黒衣森に暮らし、一部は角尊などと行動を共にしている。
  • ドラヴァニア雲海にはモグモグホームという所に原住民らしきモーグリ達が暮らしている。族長はモグリン。
  • 独自の言語を話すが、人間6種族のなかにはそれを解する者もおり、冒険者光の戦士)もそのひとりである。
  • グリダニアの民は、森にある大きな切り株に壊れたものを捧げておくと、モーグリが精霊と話して直してくれると信じている。
  • 黒衣森に住んでいる個体は語尾に「クポ」と付けているのが特徴だが、ドラヴァニア雲海に住む個体は語尾に「くぽ」と付けている。

人間との関わり

モーグリ族と人々との交流の歴史は長く、地下都市「ゲルモラ」時代に遡る。 だが、当初は必ずしも両者にとって、良い関係とは言いがたかった。ゲルモラの民が、精霊の許可なく、森の恵みを糧とした生活を送っていたからである。当時のモーグリ族にとって、ゲルモラの民は「森を荒らし、精霊を怒らせるやっかい者」であったのだ。 だが、我らの祖先が精霊との対話を成功させ、森への居住を許されてから、モーグリ族と人々との関係は好転した。徐々に互いの距離を縮め、今では精霊と人々とを繋ぐ仲介者として、モーグリ族は我らの良き隣人となっている。

新生での役割

  • 新生プロモーションサイトではモーグリ族は次のように説明されている。

    黒衣の森に棲まう愛くるしい姿の森の民"モーグリ族"。苦難にあえぐ人々を前にしたとき、ある一匹のモーグリが、森を飛び立つことになるだろう。彼らの言葉を、遠く離れた人々に届けるために。やがてモーグリは、新たな役割に目覚めることになるのだ。

    • すでに明らかにされているが、新生ではプレイヤー同士のメッセージや宅配の役割をモーグリが行うという。

天界

  • モーグリ族に伝わる神話によれば、神々の時代に彼らは天界に住んでいたという。
  • しかし、一杯のブドウ酒に端を発した「神さまの乱痴気騒ぎ」と呼ばれる天界を揺るがす大戦争が勃発。神々の争いで被害を受けたモーグリ族の王、モグル・モグXII世は「つきあってられないクポ」と語り、一族を率いて下界へ移住することを決意した。
  • だが、天界は空高くにあったため、モーグリ族の翼だけでは安全に降りることはできない。そこでモグル・モグXII世は長い糸を垂らし、その端を掴んで支えると、一族の者を順番に下界へと降ろしていった。かくしてモーグリ族は安全な地上に逃れることができた。ただ、王自身を除いて……。
  • 以来、モーグリ族は王を戴かず、ただひたすらに最後の王、モグル・モグXII世の復活と帰還を待っているという……。
  • ただ、この神話には人間界からは疑問が持たれており、そのひとつが現在伝わる神話において、十二神の間で「神々の戦い」が勃発したという逸話が語られていないためである。

命名規則

余談ですが、モーグリ族の場合は、名前が「K」で始まるものは雄、「P」で始まるものは雌となります。 この辺り、誰が雄で誰が雌なのかを、改めて見直してみると面白いかも知れませんね。

http://forum.square-enix.com/ffxiv/threads/136264?p=2122966#post2122966

なお、ドラヴァニア雲海に住まうモーグリ達は上記の命名規則とは違い、四文字の名前で頭に「モグ」と付く。

(例)モグリン、モグタン、モグッチ

関連項目

獣人種族】【グリダニア】【ドラヴァニア雲海】【角尊