NPC・組織/マジェスティック

劇団マジェスティック

Table of Contents

概要

  • ジェノミス・レクセンテールにより設立された劇団。
    異邦の劇作家 : ジェノミスが魔導院時代に仲間と共に結成した劇団だ。
    以来、興行した舞台は大成功し、
    押しも押されもせぬ人気の劇団へと成長を遂げたんだ。
    異邦の劇作家 : シリアスな古典劇や笑い満載のコメディ、
    歌と踊りが刺激的なミュージカルと、その演目は多彩だ。
    異邦の劇作家 : 「ゾディアックブレイブストーリー」を興行していた頃は、
    100人を超える役者や裏方がこの劇場艇で暮らしていたんだがな。
    今じゃこの有様さ。

前皇帝と劇場艇プリマビスタ

現皇帝

  • 現皇帝ヴァリス・ゾス・ガルヴァス政権では文化に対する風当たりが強くなり、帝国内での巡業が難しくなったという。
    リナ・ミュリラー : 征服王として知られる前皇帝ソル・ゾス・ガルヴァスは、
    意外にも文化の育成にも力を入れていました。
    リナ・ミュリラー : 彼らの舞台を観劇したソル帝はその才を認め、
    帝国領土内なら自由に通行できるようにと特別な許可と、
    さらに劇場艇プリマビスタを建造させたほどです。
    リナ・ミュリラー : ですが、現皇帝ヴァリス・ゾス・ガルヴァスの治世となった今は、
    文化に対する風当たりが強くなり、
    帝国内での巡業が難しくなりました。
    リナ・ミュリラー : 帝国内で巡業するには、事前に戯曲の審査を受ける必要があり、
    少しでも、現政権を批判する台詞があろうものなら、
    即刻牢獄行きという苛烈な処分が待ち受けているとか。

関係者

  • ガレマール軍属ではなく帝国市民(一般市民)である。

主宰ジェノミス・レクセンテール

ラムザ・レクセンテール(Ramza Bas Lexentale)

  • 主宰ジェノミスの息子。

アルマ・レクセンテール(Alma Bas Lexentale)

  • 主宰ジェノミスの娘。

異邦の劇作家

  • ジェノミスの知り合い
    異邦の劇作家 : 私かい? 私は「マジェスティック」の一員ではないんだがね、
    同業者のひとりとしてジェノミスに懇意にしてもらっている者だ。
    彼よりも遥かに遅筆なのが玉に瑕でね。
    異邦の劇作家
  • 父は行商を営んでいた人物で、かつてその父に連れられてラバナスタを訪れたことがあるという。
    異邦の劇作家 : 実は子どもの頃、行商を営んでいた父に連れられて一度だけ、
    ラバナスタを訪れたことがあるんだ。
    その美しさは今でも脳裏に焼き付いているよ。

リナ・ミュリラー

  • 週刊レイヴン」の芸能記者
    はじめまして、あたしの名はリナ・ミュリラー。
    「週刊レイヴン」の芸能記者で~す。
    リナ・ミュリラー
  • ムジ・ミュリラーは姉。
  • アルマの願いを受けて冒険者を探していた。