NPC・組織/マコト

マコト

マコト
Table of Contents

概要

生まれ

  • 都ブキョウの武家の生まれで、実の名はカゲツ。
    マコト : 私はひんがしの国の都「ブキョウ」の武家に生まれました。
  • ウゲツの妹。
    ウゲツ : なんと、これは驚いた。
    我が妹カゲツが、赤誠組の一員となっていようとはな……。
    マコト : ウゲツが実兄だということ、黙っていて申し訳ありません。
    マコトという名も偽名で、本名はカゲツと申します。
    されど、その名は遠い昔に斬って捨てました。

剣術の道

  • 憂国の念に駆られたウゲツは、乱世でも生きていけるようにと妹であるカゲツにも剣術を指南する。
  • その後、ウゲツが凶行を行うとお家取り潰しとなり、路頭に迷ったカゲツはクガネへと渡り赤誠組の隊士となった。

兄ウゲツとの相克

  • 剣術の師である兄だが、考え方は大きく異なっている。
    ウゲツ : もう、コソコソするのは終いだ。
    幸いこの国には、私の考えに賛同してくれる者も少なくない。
    より多くの同志を募れば、真正面から幕府を倒すこともできよう。
    ウゲツ : 赤誠組の局長を討ったのは、その手始めよ。
    隊士に今だ志在る侍がいれば、同志に迎えるためにな。
    ウゲツ : カゲツ、そして妹弟子よ……私とともに新たな世を創らぬか?
    マコト : 断るッ!
    今、幕府が倒れれば、乱世に逆戻りするだけのこと……
    新たな世は、刀で創るものではない!
    ウゲツ : この国を変えるには、もう一度、乱世に戻すしかないのだ。
    その戦乱から新たな世が生まれるというもの……。
    ウゲツ : 偽りの平和を終わらせ、やがて来る真の太平のため、
    群雄割拠の世で刀を振るう……それこそ、侍の本懐だとは思わぬか?
    マコト : 侍とは、太平の世を護るためにこそ刀を振るう者!
    それがムソウサイ様の教えであり、侍の本懐だ!

赤誠組局長

  • ある事件で局長のコンゴウと副局長シデンが亡くなると、その後を受けて赤誠組局長となる。
    マコト : 未熟ながら、局長となった私ですが、
    隊士たちに助けられて、何とかやっています。
    マコト : 局長の身では世直しの旅はできませんが、いつか赤誠組から、
    第二のコガラシが生まれることを願ってやみません……。

武士道

  • マコトの語る武士道
    マコト : 侍の源流は、刀を手に戦う武士(もののふ)にあります。
    その技は、ひんがしの国が戦乱の直中にあった時代、
    戦いの中で、発展してきたものなのです。
    マコト : しかし、天下が統一されると、誰もが刀を持つ時代は終わり、
    刀は権力の象徴となって、侍だけが持つ物となりました。
    マコト : 太平の世が続いた我が国では今や、
    武家の者が世襲で侍となることが大半となっています。
    そして、その伝統を守る形だけのものになりつつあるのです。
    マコト : されど、ムソウサイ様はいつも仰っていました。
    太平の世で刀を持つ侍には、その平和を護る責任が伴う。
    二度と乱世に戻さぬため、調和を乱す悪を討つことが大義であると。
    マコト : その教えは、あの方がコガラシとして世直しの旅をしたことで、
    赤誠組の隊士たちにも、確かに伝わっていたようです。
    マコト : ウゲツ一派を倒した今、目下の脅威は去りましたが、
    これからも我々は、この国の平和を護るため、刀を振るう所存です。
    それこそが真の侍の道、武士道だと信じています。

関連項目