NPC・組織/ハルドラス

ハルドラス(Haldrath)

3xyks9l.jpg

概要

ニーズヘッグ討伐

  • ラタトスクから「竜の眼」がドラゴン族の力の源泉であることを聞き出したトールダンたちは、その目を奪ってドラゴン族を討伐することを企図する。
    トールダン王の息子であり、
    十二騎士のひとりであったハルドラスは、
    邪竜の眼から力を引き出し、戦う術を編み出し対抗した……。
    
    七日七晩に渡る激しい戦いの末、王は死に、
    十二騎士の半数ほどもまた、討ち死にした。

その後

  • ニーズヘッグを退けたハルドラスではあったが、その後皇位を継ぐことなくイシュガルドを去った。
  • 父王であったトールダンの後を誰が継いだのかは語られていない。
    さらばだ、騎士たち……我が友たちよ……。
    私は父の犯した裏切りの罪を背負い、
    この槍をもって、すべてを清算しよう……。

建国神話

  • ハルドラスはイシュガルド建国時の英雄で次のように語られる
    トールダンは、竜と、竜に唆された者により谷へ突き落とされ死んでしまう。
    しかし、彼の息子「ハルドラス」が槍をとり、ニーズヘッグに果敢に挑んだ。
    そしてついに、ニーズヘッグの「眼球」をくり抜き、退けたのだ。

初代蒼の竜騎士

ハルドラスもニーズヘッグの「竜の眼」に触れ、己を失いかけるが、
「正義の心」をもって打ち勝ち、その身に「竜の力」を宿した。
……これが「蒼の竜騎士」の始まりだ。

石像

  • クルザス西部高地ファルコンネストを出て北に進むと、巨大なハルドラス像が建っている。
    ……この石像は、
    イシュガルドの建国の英雄にして、史上初の「蒼の竜騎士」……
    ハルドラス様を象ったものなのです。

初代「蒼の竜騎士」、征竜将ハルドラスを称えて造られた巨大石像。女性彫刻家ペルセルが、晩年の30年余りを投じて造り上げた傑作であり、完成から150年以上が経過した今でも、これを上回る作品は造られていない

  • ただしドラゴン族からは目の敵にされ炎のブレスを吹かれたことがあったために煤が凍りついてしまっている。

関連項目

イシュガルド】【建国十二騎士

蒼の竜騎士】【トールダン