NPC・組織/ネロ・トル・スカエウァ


ネロ・トル・スカエウァ(Nero tol Scaeva)

Nero_tol_Scaeva.jpg

概要

  • ガレマール帝国軍人でガイウスの部下
    帝国本国で機工師として数々の魔導兵器開発に参加。
    その技術力を認められ、ガイウスによって引き抜かれ幕僚長の地位に就いた。
    自身が設計したガンハンマー「ミョルニル(Mjolnir)」を振う。

動向

以下、ストーリーに関わる情報が記述されています。

ネロの動向】(クリックで展開します)

人物

  • 「~なンだよ」といった言葉遣いが特徴。普段は剣呑な態度を崩さないが、その内には同期であり常に一歩先を行く存在であるシドに対する激しいコンプレックスを秘めている。が、当のシドは多少の嫌悪は示すものの、彼を友人として扱っているようだ。
  • ガイウスと共に第XIV軍団前線基地へと赴任し、同じく持ち込まれたアルテマウェポンの調整を任されている。
  • アルテマウェポンが吸収する蛮神のエネルギーを調査するため、各地で部下を率いて暗躍。その後試運転を行い、三蛮神を吸収することに成功し、いよいよ本格起動に向けた最終調整を残すのみとなる。
  • しかしその途上で都市国家同盟軍による侵攻作戦が発生。アルテマウェポンの調整を急ぐとともに、ネロ本人も基地内部に侵入してきた冒険者達を迎え撃つも戦いに敗れ、その場を離脱。基地の大爆発により消息が有耶無耶となる。

クリスタルタワー編での再登場

  • しばらく消息が不明であったが、クリスタルタワー編にて再登場。本国に戻って処刑されるよりは、と各地を流浪していたようだ。
  • なにやら面白い気配がするという理由で聖コイナク財団並びにシドら一行と合流し、第XIV軍団が秘蔵していたアラグ帝国関連の情報が納められたトームストーンをシドに手渡している。
  • その後もドーガとウネの出自を看破するなど、アラグ帝国の知識に関しては他に引けを取らない活躍を見せる。
  • クリスタルタワーの皇帝の間にて暗闇の雲が干渉してきた際には、一時的にシドと共闘。ヴォイドに連れ去られようとしていたウネを助けようとするが、共にヴォイドへと引きずり込まれてしまう。
  • 冒険者一行がヴォイドを攻略する間、暗闇の雲が差し向けた妖異からドーガ達を守りきることに成功するが、彼自身は傷つき、ヴォイドの成分に浸食され変わり果てた姿となっていた。
  • 脱出に際し、ヴォイドに残ることになったウネから愛用していたエーテル測定器を「目に見えるものだけが全てではない」という言葉と共に手渡される。消耗していたネロもまたヴォイドに取り残されかけるが、シドによって大きな貸しを作られることになる。
  • その後クリスタルタワーの機能停止を確認したのち、測定器を谷間に投げ捨てている。なおもシドを超えようとする姿勢は変わっていないようだが、シド曰く「友人としての見立てだが、あいつはもう大丈夫だろう」とのこと。

竜詩戦争後

関連項目

ガレマール】【ガイウス・ヴァン・バエサル

リウィア・サス・ユニウス】【リットアティン・サス・アルヴィナ