NPC・組織/ナナモ・ウル・ナモ


ナナモ・ウル・ナモ(Sultana Nanamo Ul Namo)

概要

第二期ウル朝

  • 第二期ウル朝の女王で、初代王ササガン・ウル・シシガンの末裔
    時の王「ササガン・ウル・シシガン」、現在の第二期ウル朝の王たちの遠い祖先なのだが……

権力

人となり

生れ

  • 父は先代王ササバル、母はナナシャ・ウル・ナシャ。
  • 第六星暦1556年、長女として生まれる。両親を早くになくしており一人娘である。
  • 第六星暦1561年、外遊中の両親が不慮の死を遂げたことにより、5歳で王位を継承した。

年齢

ココラマ : ナナモ陛下ですか……いささかお若い方ですな。
政事を担うには、いかがなものかとも思います。

好物

ココラマ : ううむ、そういえば国元で
「菓子といえばガレット・デ・ロワHQじゃのう」とおっしゃり、
あの菓子が売り切れたことがありましたね……。
ギギワズ : あぁ、確かに俺はウルダハの出だ。
なに、ナナモ陛下の好物を知らないかだと?
ギギワズ : ウルダハの市場で、「女王陛下の御用達」という触れ込みで、
「ビーフシチューHQ」用の肉が売っていたのを見たことがある。
本当に「御用達」かどうかは怪しいもんだがな。
ギギワズ : だが、ウルダハ商人たちは目端が利く。
きっと舞踏会やら何やらで、陛下の好みを聞きつけ、
商品の売り込みに利用したのだと思うぞ?
ローズ : ナナモ陛下のお食事の好みについて、ですか?
それなら経済誌「ミスリルアイ」で読んだことがあります。
ローズ : グリダニアを訪問した折、地元猟師の食べていた
料理に興味を持たれ、わざわざ作らせたんだとか。
えっと、「猟師風エフトキッシュHQ」でしたでしょうか?

ラウバーンとの関わり

  • 砂蠍衆の動きに反発し、王家復権を目論む「王党派」のラウバーンを支援し、2年前の砂蠍衆入りに際して協力をしたとされる。

お忍び

  • たびたび某家のお嬢様「リリラ」としてお忍びで外出し、その際には元銀冑団パパシャンがお目付け役として同行する

関連項目

ウルダハ】【ウル朝ウルダハ】【砂蠍衆】【ラウバーン・アルディン