NPC・組織/トールダン7世


トールダン7世(Archbishop Thordan VII)

トールダン7世
Table of Contents

概要

生涯

  • デュランデル家の遠縁の下級貴族の家庭に、五人兄弟の末っ子として誕生する。
  • 幼少時には剣術も修めるが、家督を継ぐことの出来ない彼は、やがて両親のすすめもあり聖アンダリム神学院へ入学。同学院を次席という好成績で卒業した後、教皇庁入りを果たす。
  • 組織内の熾烈な権力闘争に打ち勝ち、順調に階位を進めていった。

隠し子

  • 教皇庁で順調に階位を進めていた42歳の時、独身を貫かねばならぬ身でありながら愛人との間に子を儲けてしまう。これが後に教皇代行となるアイメリクである。
  • 弱点になりかねない大スキャンダルであったが、これを跡取り不在で断絶戦前であったボーレル家に養子に出すことで隠蔽した。

教皇

  • その後性的をねじ伏せてスキャンダルを覆い隠し、終に教皇の座へと上り詰めた。
  • モットーは「すべての人に祝福を」


都市国家イシュガルドの君主について

初代教皇

  • その後については語られるところが少ないが、都市国家イシュガルドイシュガルド正教の指導者である「教皇」が君主を兼ねる政体をとることとなる。
  • 初代教皇に就任したのは、「聖人レマノー(Saint Reymanaud)」
  • その名は聖レマノー大聖堂(Saint Reymanaud Cathedral)に残る。

イシュガルド正教と歴代教皇

  • その後の歴代教皇については、十二騎士の末裔である四大名家が輩出してきたという。

教皇の代数について

  • 現教皇は「トールダン7世」を名乗るが、エレゼン族の寿命が他の人間種族よりも著しく長いということはなく、「トールダン7世」は「7代目教皇」ということを意味していない。
    • ※人間種族の寿命が100歳なのに対し、エレゼンが120歳まで生きるという情報もある。
  • 正教制度がいつごろ整ったのかは不明だが、恐らく歴代教皇は「トールダン」および「ハルドラス」などの建国の父たちの名前を号として用い、それに代数を組み合わせて名乗りとしてきたものと思われる。トールダン7世は、トールダンを名乗りとした教皇の7人目ということになると思われる。

騎神トールダン

  • メインクエストラストにおいて、トールダン7世は「竜の眼」の力と千年の間蓄積されたイシュガルドの民の祈りを以って、伝説の王を己の身に降臨させ騎神と化す。
  • そしてその力により、イシュガルド民をテンパード化し、仇敵であるニーズヘッグドラゴン族、そしてアシエンを斬り恒久の平和を導かんとして冒険者の前に立ちはだかる。
    永遠の神となった私が闇の者もろとも光の使徒をも斬り伏せてくれる。
    そしてすべての人に祝福を与え清らかなる聖徒に造り替え恒久の平和を授けよう。
    神を肯定し、その力を宿した我が聖剣と
    神を否定し、その力を捨てた貴様の力
    この混沌の時代に世がどちらを求めているか確かめようではないか!