NPC・組織/ソル・ゾス・ガルヴァス

ソル・ゾス・ガルヴァス(Solus zos Galvus)

Table of Contents

概要

  • ガレマール帝国の初代皇帝
  • 「ソル帝」

    ガレマール共和国」の名門に生まれた彼は、幼くして軍に入隊。戦功を重ねて軍団長に就任すると、魔導技術を導入する軍制改革を断行し、祖国を一大強国へと押し上げた。 その後、市民の圧倒的な支持を背景に、国家の最高指導者である「独裁官」に就任。数年間に渡る戦いを経て北州統一を成すと、自ら「皇帝」を名乗り帝政への転換を宣言した。 以後、東州平定に乗り出すことになるのだが、その過程で彼は「蛮神により滅びた地」を目撃。「蛮神殲滅」を国是に据えることとなる。 齢80歳を超えた今も帝位にあるが、最近は病に伏せがちだという。

生涯

軍歴

  • エオルゼア第六星暦1505年、16歳でガレマール共和国軍に入隊。
  • 瞬く間に頭角を現し、第六星暦1513年24歳で軍団長に就任する。
  • 魔導技術を取り入れることで軍制改革を行い、祖国を強大な国家へと成長させた。
  • 第六星暦1517年、民衆に推されて国家の最高指導者である「独裁官(Dictator)」に就任。
  • 同年中央山脈の小国ダルマスカを滅ぼすと、南進して北洲南部一帯の制圧に乗り出す。

帝政

蛮神

  • この東州平定時に、皇帝は蛮神により滅びた地を目撃しており、その後「蛮神殲滅」を国是に据えることとなった。

エオルゼア侵攻

停滞

第七霊災

晩年

  • こうして帝国の進軍は停滞し、さらに皇帝の健康不安とそれにともなって顕在化した皇帝の継承者問題により本国で内乱が勃発したことで、帝国の進軍速度は停滞することとなった。


崩御

  • 第七星暦に入り、ガレマール帝国皇帝ソル・ゾス・ガルヴァスの崩御が伝えられた。
    先ごろ、ガレマール帝国皇帝……
    「ソル・ゾス・ガルヴァス」が崩御しました。

後継者争い

  • 皇太子であった長男はすでに死去している。
  • ソル帝の次男と、孫にあたる大将軍ヴァリス・イェー・ガルヴァスの二名の有力候補が台頭し、帝国は内乱状態に突入する。
  • 最終的に孫にあたるヴァリスが後継者争いを制し、ソル帝の死後ほどなく二代目皇帝「ヴァリス・ゾス・ガルヴァス」として即位した。

関連項目

ガレマール帝国】【魔導兵器

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス

蛮神