NPC・組織/ソルクザギル・ケルトナグルシン


ソルクザギル・ケルトナグルシン(Solkzagyl Keltnaglsyn)

ソルクザギル
Table of Contents

概要

  • 銀冑団(the Sultansworm)前総長で、ジェンリンスの前任者。
    「自由騎士」たる、この老いぼれから、ひとつ忠告だ。
    「意思縛る枷を断つ剣を得よ」……
    さすれば、己の「騎士道精神」が拓けよう。
    ……なに。
    貴君の剣さばきを見て、ある男を思い出してな。
    真実を見極めんとする、いい目をしており。
    貴君なら、立派な「ナイト」となろう。
    精進に励み、常に人の光であれ!
  • 銀冑団総長ジェンリンスが幼少時代に事故に巻き込まれた際に、彼の命を救った人物。

名前

  • 古ルガディン語に則った名前で、それぞれ、祝福された(solk)尻尾(zagyl)、寒い(kelt)釘(nagl )の息子(syn)という単語で構成されており、Keltnaglの息子、Solkzagyl という意味になる。
  • 祖父はCaerkympfで、こちらは、悲しい(caer)英雄(kympf)という意味になっている。

銀冑団

  • 旧FF14でのジョブナイトクエストに登場した人物。
  • ソルクザギルは、当時名だたる近衛騎士たちが相次いで命を落としたため、異例の若さで総長に就任した。
  • その後30年間総長の座にあったが、砂蠍衆の共和派の工作によりその立場を追われてしまう。

新生

聖剣オウスキーパー

  • 聖剣(オウスキーパー)は、代々銀冑団総長に受け継がれた。
    「オウスキーパー」は、歴代の総長たちが受け継いできたが、
    総長の座に着いたからといって、簡単に輝くものではない。
    わしが受け継いだ時も、輝くことはなかった……。
    ようやく相応の実力が伴い、淡き光を宿すようになったのは、
    「オウスキーパー」が失われる直前だったのだ。
  • 共和派の命を受けた「見えざる毒尾」は、銀冑団の権威を失墜させるため、「聖剣」を奪い秘匿した。
  • この情報を掴んだソルクザギルは、「見えざる毒尾」を追い、ついに聖剣を取り戻すが、その時すでに聖剣は光を失った後だった。
    わしは、理由があったとはいえ、
    一度、銀冑団を出奔して「誓約」を破ってしまった。
    ……つまり、この聖剣は、もうわしの信念では光らない。
  • 結局「聖剣オウスキーパー」はジェンリンスの元に戻ることになる。

ハンドレッド・アイズ

  • ルガディン族の男性
  • 元「見えざる毒尾」のメンバー。
  • ソルクザギルとは友人の関係で、クルザス西部高地にソルクザギルの「墓」を作り埋葬した人物。
  • 実はその「墓」にはソルクザギルは埋葬されておらず、代わりに「朽ちた甲冑」が埋められていた。魔物に襲われ瀕死状態のハンドレッド・アイズは、この甲冑をコンスタンに渡すよう依頼する。

関連項目