NPC・組織/ジャ・モルバ

ジャ・モルバ(J'moldva)

ジャ・モルバ
Table of Contents

概要

  • かつて、アラミゴ出身者としては破格の強さを誇り「獄炎の鳳」と呼ばれ、コロセウムで人気を集めた剣闘士。
  • 年齢不詳。
    • これらを考慮の上でアラギリを旅立った時点で15歳~20歳ごろと考えると、現在は35歳~40歳ぐらいではないかと思われる。

故郷

  • ギラバニア山岳地帯のアラギリにジャ・モルバを知る人物がいる。
    ジャ族の少女 : 私のおばさんは、すごい槍術士だったって、
    死んだお母さんが、いつも自慢そうに言ってた。
    だから、私もいつか……。
  • 少女の姉ジャ・ナイロ
    うちの妹なんだけど、何を思い立ったのか、
    アラギリが解放されてから、急に槍の訓練を始めたの。
    すぐに飽きるだろうと思ってたけど、最近は帰りも遅くなって……。
    
    叔母の武勇伝は聞いてたけど、私は憧れるよりも、怖かった。
    あの子は、「獄炎の鳳」と呼ばれた、
    叔母のモルバに似ているのかもしれないわね。
    彼女は私が生まれる前、帝国から逃げようとする人たちを率いて、
    遠い異国の地を目指して旅立ったの……。
    とても、正義感の強い人だったと聞いてるわ。
    母も、あのとき私を身ごもっていなかったら、
    きっと一緒に逃げたかったんだと思う。
    ……叔母のことを話すとき、母はいつも寂しげだった。
    いつか妹が、槍を手に外の世界に出ていったら……。
    私も自分の子に、そんな風に話すのかしら。
    ただ生きていて欲しいと、心の奥で願いながら。

グレインファルとの戦い

  • 旧FF14で描かれたもの。
    • ややこしいが、このコロセウムでのグレインファルとの戦いは、旧FF14の現在進行形の時間軸ではなく、そこからさらに「過去視」で描かれた過去に起こった出来事である。
    • 旧FF14の時点では、ジャ・モルバはすでに鬼哭隊の一員として登場する。

試合までの経過

  • ジャ・モルバと、同じくかつて人気の剣闘士であったグレインファルとの決戦は、コロセウム財団が煽りに煽ったこともあり白熱して注目を集める。アラミゴ陥落により大量に発生したアラミゴ難民の流入は、ウルダハでは政情不安を招き都市民からは反感を買っていた。この一戦は、ウルダハ市民対アラミゴ難民の様相を見せて異常な盛り上がりを見せることとなる。
    アラミゴ難民の奴らに恨みがあるのかって?
    そりゃあるさ! あいつらが安い賃金で働くようになってから
    俺たちの仕事が減ったんだ!
    
    あのミコッテの方は、アラミゴから流れて来た奴らしい。
    住むとこもないからって、都市の外に集ってる奴らのひとりだぜ。

試合前の状況

  • ウルダハ市民がグレインファルにかける一方、アラミゴ出身者たちはジャ・モルバに対しなけなしの財産をかけることとなった。双方にかけられた懸賞金の総額は都市予算に匹敵するほどに膨れ上がり、コロセウムの試合結果次第では、ウルダハの治安状況を左右しかねない状況となってしまう。
    どっちに賭けたかなんて、聞くもんじゃないよ!
    大穴狙いだったんだけどね、ウルダハの人は裏の裏の裏をかくから
    結局は、半々の勝負になっちまったよ! ああー!
    
    全財産を賭けたんだ! あんな下級民になんぞ、負けるな!
    グレインファルさまぁ! 本気を出してぇ!
    
    アラミゴ難民たちは、この試合に、かなりの額を賭けたらしいぞ!
    だからな、もしも、あのミコッテが勝ったりしてみろ!
    アラミゴ難民たちめ、ウルダハ中にのさばっちまうぞ!?
    
    この試合で勝てば、一気に大金持ちになれるんだよ!
    貧乏人と大金持ちがひっくり返る、そんな世紀のチャンスなんだ!
  • そのため、もしジャ・モルバが勝つような事態となれば、ウルダハ市民の怒りがアラミゴ難民へと向かうことは容易に予想され、またコロセウムを運営するコロセウム財団自体も危機的な状況になることが明白であった。
    まずいですよ、ヨヨビナ。
    ウルダハ中の人が集まっている。何か起きてもおかしくない雰囲気です。
    俺たちだけじゃ止められない。
    ここまで観客を煽り、試合を盛り上げる必要なぞなかったんだ。
    
    駆け出しの冒険者だな、気をつけろよ。
    この勝負で動いている金額は、桁が違う。まるで都市予算だ。
    
    どちらが勝っても、金を失った観客たちが喧嘩や暴動を起こすだろう。
    出場者も、ただで済まない。
    
    まさかと思うが、
    グレインファル様が負ければ、コロセウム自体の存続も危うくなるぞ……

試合

  • 試合はジャ・モルバの優勢で進行する。
    グレインファル様、調子が悪そうだね。
    でも、この試合でグレインファル様が負けると、
    暴動が起きるかもしれないよ。剣呑、剣呑。
    
    剣と槍の戦いは互角ですが、
    どちらかといえば、すばらしい攻撃力を誇るあの剣の方が有利でしょうか。
    しかし、あのミコッテが使う槍も侮れない。
    もう少しミコッテに体重があれば、一撃で葬られることになるかもしれません。
    
    またもや、迷い剣か。
    お父上がグレインファル殿に説教をしたと聞いたが、何も変わっておらんな。
  • ここで談合が行われ、試合はグレインファルが勝利し、ジャ・モルバは準優勝にとどまる。
    どっちが勝ったんだ?
    さすがだ、ウルダハが誇る剣闘士グレインファル!
    さまよえる英雄、剣闘士グレインファル様ぁ! 素敵ーぃっ!
    
    シェルリネー:……今のを見ました?
    ヨヨビナ:ああ、最後の瞬間。……談義があった。

ジャ・モルバが勝ち取ったもの

  • ジャ・モルバはアラミゴ出身者から裏切り者と罵られ、あろうことか暴行まで受けることとなる。
    ジャ・モルバは、皆を裏切った!
    アラミゴを捨てたのだ!
    金さえあれば、アラミゴを取り戻すことができるものを。
    どうすればいいんだ。
    
    ウルダハに逃げてきた後に、祖国を忘れる若者が多いけれどね。
    しかし、ジャ・モルバほど辛酸をなめたものが、
    こうも簡単にアラミゴを忘れるとは思えないよ……。
    
    だからこそ、忘れたんだ。
    だが、俺たちは忘れない、裏切り者には死を与えねばならん。
    
    ヨヨビナ:コロセウムの者だ。ジャ・モルバの件で話がある。
    
    おまえたちが、ジャ・モルバを買収したということはわかっている!
    彼女はどこだ!?
    
    ヨヨビナ:……酷い怪我を負って、治療を受けている。
    ウルダハ都市民の中にも、彼女に全財産を賭けた者は多かった。
    そういった輩に襲われたのだ。
    
    フン、まだ生きているなら好都合だ。
    アラミゴの法で裁かせてもらう。すぐに引き渡せ。
    
    ヨヨビナ:ジャ・モルバは、おまえたちを都市民の暴力から守ったのだ。
    もしも彼女が勝っていたなら、おまえたちは無事では済まない。
    今回、アラミゴ都市民の代表 ジャ・モルバ殿を守りきれなかったことを謝罪する。
    補償として、アラミゴ都市民のコロセウムへの参加を全面的に開放する。
    予選挑戦権の解放だ。
    ジャ・モルバ殿が負けたがために、勝ち取った権利だということを忘れるな。
    
  • ジャ・モルバを守りきれなかったコロセウム財団はこれに責任を感じ、アラミゴ出身者への稼ぎの場としてコロセウム参加の優遇措置を取る。これにより、アラミゴ出身者は格安の金額で予選出場が可能となる。
    ……昔、初めてアラミゴ出身の人が
    コロセウムへ出たとき、優勝目前まで行ったそうです。
    ただ、その人が残したものは大きかった。
    僕らは、大会に自由に出場する権利を得て……
    大きな試合でも、アラミゴ出身者が優勝したことがあるんです。
    ああ、でも、僕たちは
    アラミゴを取り戻す使命を、忘れたわけじゃないですよ?
    ただ、方法が変わっただけです。へへっ。

グリダニアへの逃避行

  • グレインファルは、傷ついたジャ・モルバを抱えてグリダニアへと移動し、そこで鬼哭隊に彼女の保護を依頼する。
    グレインファル:もう少しだ、しっかりしろよ……
    グレインファル:……俺たちのせいで、……すまない……
    ジャ・モルバ:……これで……ええ……、これ……で、よかったんで……。
    ジャ・モルバ:私が……負けて、よかったんで……
    グレインファル:コロセウムは、アラミゴ難民を守る。必ずだ。
  • しかしグリダニアの鬼哭隊は、2人を「森を血で汚す者」として追い返そうとする。
    グレインファル:グリダニアの鬼哭隊か、助かった!
    俺っちは、ウルダハの剣闘士グレインファルだ。この人を頼む!
    ヘルブハンス:刀傷か。
    コロセウムがらみのいざこざだろう。道を外した者を導く義理はない。
  • ここでグレインファルは自らの身体を張ってジャ・モルバを守る。
    グレインファル:道を外しているのはどっちだ!
    彼女は人の命を救うために、剣を受けたんだ!
    ヘルブハンス:ならば、思い残すことはあるまい。
    魂極る命惜しめば、魂極むる術なし。
    グレインファル:剣の道は、迷いの道。迷いを切り拓くがための剣。
    俺っちは、彼女を助ける!

鬼哭隊メンバー

  • 旧FF14の時点では、ジャ・モルバは鬼哭隊メンバーとして登場していた。

    このとき、コロセウムは剣闘士を確保するため、グリダニアリムサ・ロミンサにまで人を派遣して道場破り的な行動を行って勧誘を行なっていた。

    ジャ・モルバ:ウルダハからいらっさった剣闘士どの。
    お手合わせ、どうぞよんろしく頼みます。
    
    ジャ・モルバ:剣の道は、迷いの道。
    そうと教えてくださった剣闘士がおりやした。懐かしい昔話でございやす。
    
    ジャ・モルバ:……面影なぞありやせんのに、なぜ、あなたと会って思い出したんか……
    誇るべきことじゃあありやせんが
    実は、私が「獄炎の鳳」と呼ばれていた者でございやす。
    ヨヨビナどのは
    私を返り咲かそうとしていらっさるようですが、そのつもりはございやせん。
    ヨヨビナどのには、こうお伝えください。
    あんのお方に代わって、剣の道を迷わせておくんなさいと。
  • コロセウムのベテラン剣闘士ヨヨビナは諦めがつかず、何度もジャ・モルバを誘っていたが今回も失敗する。
    物を投げるくらいで済むのなら、な……
    「獄炎の鳳」には、もう一度
    舞台に登ってもらい、汚名を雪いでもらいたかった。
    コロセウムが負っている借りを、返したかったのだが……
  • ここでは、グリダニア鬼哭隊のメンバーとして姿を見せ始めた帝国軍と戦い、森を守ろうとする姿が描かれていた。

後日譚:「想い乗せ羽ばたく剣」

  • その後、「新生エオルゼア」として生まれ変わったFF14の鍛冶師クエストにおいて、ジャ・モルバとグレインファルが再び登場する。
  • 過去の試合の後、コロセウムの跡取り息子という地位を捨ててウルダハを出ていたグレインファルは、その後「ブロンズ・ブル」と名を変えて戻り、再び剣闘士として戦っていた。
  • しかし過去の戦いを引きずっていることでコロセウムの試合で負けこんでいるというブロンズ・ブルに、素性を隠して贈り物を届けたいという「古風なミコッテ族」(実はジャ・モルバ)が現れ、冒険者はその依頼を受けウィングレットHQを製作する。
  • 剣を受け取りその話を聞いたブロンズ・ブルは、贈り主に心あたりがあると言い、吹っ切れたように今度こそ実力でコロセウムで優勝することを誓い去っていく。
    フェーズアール : 陰ながらヌシを応援している御仁が、その翼持つ剣に、自分の気持ちを託したそうじゃ。
    フェーズアール : 過去に縛られるな、羽ばたけとな。
    
    ブロンズ・ブル : そうか……残念だな。 ……でも、ありがたく使わせてもらう。
    ブロンズ・ブル : 姿を見せてくれなくてもいい。
    俺っちにこんな贈り物をしてくれる奴なんてもう今は一人しか心当たりがねぇしな。
    
    フェーズアール : ほほう、そうなのかいの?
    
    ブロンズ・ブル : 元気でいてくれたことが分かっただけで十分。霊災以来、連絡が取れなかったからな。
    ブロンズ・ブル : もう何も、昔のことに心配はなくなった。
    ならばこの剣のごとく、未来に羽ばたいてみせるぜ!
    ブロンズ・ブル : ……俺っちは誓うぜ。この剣と、そしてこの剣を贈ってくれた盟友に。
    今度こそ、実力でコロセウムのテッペン取ってやるってな。
    ブロンズ・ブル : この剣があれば、絶対にやってみせる!そのことを、奴によろしく伝えてくれ。
  • この「過去に縛られるな」の過去とは、かつてコロセウムで二人が戦うが談合でグレインファルが勝ってしまったことを言っている。これを未だに悔やんで力を発揮できないグレインファルへの、ジャ・モルバからの叱咤激励の贈り物ということになる。
  • このカットシーンは、宿屋の「愛用の紀行録」、鍛冶師クエストレベル50「想い乗せ羽ばたく剣」で見ることができる。

アラミゴ解放戦への参加

  • ジャ・モルバは、第七星暦に行われたアラミゴ解放の戦いにおいて、アレンヴァルドから誘いを受けて解放軍のメンバーとなり、故郷奪還の戦いに参加している。
    XbmSOMe.jpg
    ジャ・モルバ : ひょんなきっかけで、アレンヴァルドの坊主に出会いましてね。
    一度は槍を置いた身なれども、その純粋な情熱にほだされ、
    ふたたび戦場に立つ決心を付けたところでございやす。
  • パッチ4.05時点では、ラールガーズリーチ10.2,10.6あたりで、アレンヴァルド、ヴァ・マハ・ティアと共に佇んでいる。
    ジャ・モルバ : さて、私の戦いは、ひとまずこれにて終わりやした。
    あとはアレンヴァルドの坊主のような、
    若者たちに任せるとしやしょう。