NPC・組織/シャトト

シャトト(Shatoto)

  • 第五星暦時代の伝説的な女魔道士
  • 「黒き魔女」や「悪魔」という物騒な異名で呼ばれたという
  • すでに故人だが、ラライに憑依した本人の記憶の残滓が黒魔道士ジョブクエストに登場する。

概要

  • シャトトは第五星暦に栄えた「古代都市マハ」の魔道士である
  • 第五星暦800年頃に現れたとされる。
  • 建国当初のマハエオルゼア十二都市の一角に過ぎなかったが、しかし第五星暦800年頃に現れた女魔道士「シャトト」は、マハに迫る危機から祖国を救うために、生涯を通じて「究極の破壊の力」を求め続け「黒魔法」という独自の魔法体系を確立。これによりマハの軍事力は飛躍的に高まることとなった。
  • 破壊を好む恐ろしい人物のように伝えられているが、当人の性格は至って穏やかな(本当の意味での)淑女である。

黒魔法の開祖

  • 天才的な頭脳を持っていたシャトトは、「究極の破壊の力」を追い求め、生涯を通じて多くの魔法や魔器を発明した。
  • こうして誕生した黒魔法は、古代都市マハの主戦力となり、「魔大戦」と呼ばれる戦乱においても大いに活躍する。
  • しかし強大な力を持つ魔法が乱用されたことで大地のエーテルが枯渇し、環境の属性バランスが崩壊したことで第六霊災を招くことになった。
  • これにより黒魔法は禁忌の烙印を押され、歴史の闇に葬り去られることとなる。その後黒魔法が復活するのは、第六星暦ククルカ・タタルカの登場まで待つ必要があった。
  • ただ、シャトト本人はあくまでも黒魔法は悪しき存在を破壊することで「守るための力」としており、彼女の没後に黒魔法を戦争のために用いた者らについては「一切の憐憫の感情も持たない」と吐き捨てている。

魔法「メテオ」

  • シャトトは、古代魔法にも精通しており、星を招く魔法「メテオ」も使いこなしたという
    ゲロルト : シャトトは古代魔法にも精通し、あるとき戯れに星を招く魔法「メテオ」を詠唱したそうだ。
    ゲロルト : ンで、呼び降ろした星を砕いて杖を作った……と。これこそ正真正銘、オリジナルの「星屑のロッド」だな。

星屑のロッド

  • シャトトは、第五星暦時代の古文書によれば幻の杖「星屑のロッド」を自ら作り、使っていたという。
    ゲロルト : 当時、「黒き魔女」やら「悪魔」やら、物騒な異名で呼ばれた伝説的な女魔道士がいてな。名前は……確か「シャトト」といったか。
    ゲロルト : そいつは、数々の破壊的な魔法を編み出すと同時に、多くの呪具を作り出した天才だったンだとよ。件の「星屑のロッド」は、その代表作だ。

シャントット(Shantotto)

  • シャトトの名前は、FF11に登場するNPCのひとり「シャントット(Shantotto)」をもじったものと思われる。
  • レリッククエストにおいて、ゲロルトが”シャトト”について語る場面があるが、英語版では次のようなセリフになっている
    “The Black Witch” was another...an' the proper half-wits called her “She-Devil.”
    Her name was, er...''Shantotto''. Or was it Shatoto? Ah, right─ Shatotto.

アニバーサリー企画

関連項目

黒魔道士】【黒魔法

星屑のロッド