NPC・組織/コウジン族

コウジン族(Kojin)

概要

紅玉海に古来より棲まう海洋民。水中での活動に長け、豊かな海の恵みを糧として暮らしてきた。物に宿る八百万の神を信じており、その依り代となる名品や逸品の類を集めることに余念がない。

  • 東方地域の「紅玉海」に棲む蛮族
  • 商才に富み、他種族との交流も多い
  • 水中での活動を得意とし、海底集落も築いている
  • 物に宿る八百万(やおよろず)の神を信仰する
  • 神が宿る名品や逸品など宝を収集している
    コウジン族
    コウジン族

紅甲羅(べにこうら)と碧甲羅(あおこうら)

ブンチン : ワシらは、この世の森羅万象を織り成す、
八百万の神を祀っておりますのじゃぁ~。
ブンチン : 神々は、この世におわす際、然るべき「物」に宿られる……。
古き物、逸品と呼ばれる物、いわくのついた物などが、
特に好まれると言われておりますなぁ~。
ブンチン : コウジン族は、そういった神の宿りし物、
あるいはそれにふさわしき宝を集めることで、
代々繁栄して参りました……。
ブンチン : しかし、一大勢力を誇るガレマール帝国を敵にしては、
宝物を探すにしても、元手となる金銭を稼ぐにしても、
あまりに厄介でございましょう?
ブンチン : そこで、紅甲羅の連中は、
早々に帝国軍と組むことを選んだのじゃぁ~。
ソロバン : でもさぁ~、ガレマール帝国ってのは、
どんな神様も認めちゃいないんだってねぇ~。
ソロバン : だから、紅甲羅たちは、神様のことを隠して、
単にお金を稼ぎたいフリをしてるんだってさぁ~。

碧甲羅

  • 長老「ブンチン」様

拠点「碧のタマミズ

  • 碧甲羅たちの拠点
  • ベッコウ島から洞窟に入り螺旋海峡を渡ったところに入り口がある。海の底に位置しており、エーテライトがある。
    アリゼー : すごい……!
    これは……大きな水泡の中……?
    私たち、海底にいるんだわ!

「ヤサカニノマガタマ」

  • 宝物「ヤサカニノマガタマ」を探している。
    ソロバン : そのマガタマは、コウジン族にとって伝説的な宝でさぁ~。
    最近まで、ひんがしの国の国主が抱え込んでたんだけど、
    帝国にゴマをするため、献上されるってわかってねぇ~。
    ソロバン : いてもたってもいられなかった紅甲羅の連中は、
    マガタマを載せた船を襲撃……
    だけど不幸が重なって、マガタマは海中に消えちゃったのさぁ~。
    ソロバン : オイラたちは、それを回収したい。
    けど、紅甲羅と鉢合わせたら、面倒くさい。
    だから、アンタたちにそれをお願いしたいなぁ~って。

信奉する蛮神