NPC・組織/ゲロルト

ゲロルト・ブラックソーン(Gerolt)

ゲロルト
はやいとこ、ヤカンを完成させて、
しこたまエールを飲……な、なンだ、テメェは!
チッ、いいか? 今じゃ、酒場のヤカンを作っちゃいるが……
腐ってもオレは一流の武具職人だ。

概要

放浪の職人、ゲロルト・ブラックソーン。 鍛冶のみならず木工から裁縫に至るまで、武具製作に関わるあらゆる技術を修め、エオルゼアにこの人ありと名を轟かせた伝説の武具職人である。 彼が全盛期に手がけた武具はいずれも名品として知られ、その機能性と美しさで、一介の傭兵から騎士や貴族まで、多くの者を魅了した。

しかし、酒に溺れたことで道を踏み外したゲロルトは、やがて人々の前から姿を消す……。 そして皮肉なことに、作り手を失ったことで名品の希少性は高まり、さらなる価値を得た。今や熱烈な武具蒐集家たちの間でも垂涎の的となっており、その価格は高騰の一途を辿っている。

なお、目利きとして知られる商人ロウェナ女史によれば、贋物も多いこの品を見分けるコツは、破壊神ラールガーの神印にあるという。若かりし頃、ラールガーの熱心な信奉者であった彼は、独立後の一時期、この神印を好んで自作の武具に刻んでいたのだ。 ラールガーの神印が刻まれたゲロルトの名品……冒険者たちは手に入れることができるのだろうか。

ロウェナの債権書

  • ゲロルトは過去にロウェナにお金を借りており、その債権書は今でも有効であるという。
    ロウェナ : 「ゲロルト」って名前の武具職人がいるんだけど、知ってる?
    ロウェナ : 「ゲロルト」の腕前は、エオルゼア随一といわれるほど。でも、性根のほうは最低のド腐れ野郎でね。
    ロウェナ : 若い頃に恩師でもある鍛冶屋の親方を、酔った勢いでタコ殴りにして破門されて以来……
    各地を流浪して、その日暮らしをしている流れの職人なの。
    ロウェナ : 彼とは、あたしが武器商人だった頃からの、古い付き合いでね。
    あるときなんか、鼻水垂らしながら泣いて頼みこむもんだから、仕方なく金を貸してやったら……見事にとんずらされたわ。

ゲロルトの復活

  • そのゲロルトがグリダニアの「ホウソーン家の山塞」に現れたという。
    ロウェナ : その「ゲロルト」が最近、黒衣森の「ホウソーン家の山塞」に現れたらしいの。
    ロウェナ : 彼をまともに働かせることさえできれば、失われた「古の武器」だって、現代に復元できるはずよ。
    ロウェナ : もし「古の武器」に興味があるのなら、あたしの債権書を譲ってあげる。
    これさえあれば「ゲロルト」を働かせる口実は作れるだろうね。
    ロウェナ : もちろん、タダじゃないわ。貸した金の埋め合わせになるものを……
    ロウェナ : ……そうね。隊長格の蛮族が持つという「蛮神刻印」3種類を、それぞれ3個……
    それから「敵性民族教本」を持ってきたら、交換してあげる。
    ロウェナ : ね、悪くない話でしょ?

サブクエスト蘇る古の武器