NPC・組織/ゲゲルジュ


ゲゲルジュ(Gegeruju)

大富豪

  • ゲゲルジュは、いつもコスタ・デル・ソルの海岸でデッキ・チェアに身を沈めながら周囲に踊り子を侍らせている
    まぁよい、ワシは大富豪、時間なら悠久とある。
    こうして美しい景色を眺めながら、 ゆっくりと子猫ちゃんたちを待つとするかのう~。
  • 金に物を言わせエオルゼア中から踊り子をかき集めている
    踊り子たちは景色に魅了されておったかぁ。
    よくあることじゃ。選りすぐりの美女を、 エオルゼア中から集めておるからのう。
    グリダニアやウルダハから来た者は、 白い砂浜と青い海に、感動するようじゃのう。
  • ゲゲルジュ氏は「敏感な子猫ちゃん」にあんなことやこんなことをするために、クラフターに何かと便利なサイズの「スチールアウル」の製作を依頼する。

美食家

  • 美食家としても知られるという。
  • その反面、リムサ・ロミンサの「溺れた海豚亭」名物の「コーンブレッド」を食したいと考えているが、お忍びで通うわけにも行かず度々調理師にこの海豚亭名物を発注している。
  • 椰子の実で作ったココナッツジュースが大の好物。

ウルダハ出身

  • 元はと言えばウルダハで財を成したという。
  • そのためか、今でもウルダハの剣闘士に入れ込んでおり剣闘士に贈るための飾り盾をクラフターに発注したりもしている。

ゲゲルジュ商会

  • 「ゲゲルジュ商会」という商会のオーナーの模様。商会の番頭はリリフォン
  • 古今東西の珍品を商って財を成したとされる。
  • リムサ・ロミンサ政庁への協力姿勢を示すため、黒渦団に武具の寄付を行っている。

我々のコリブリ

  • コスタ・デル・ソルで見ることができるコリブリは、もともとゲゲルジュ氏が飼育していたものが野生化したものであるという。
    コスタ・デル・ソルの周囲におるコリブリはのう、 もとは、ワシが飼っておったコリブリなのじゃ。
    ワシのもとから逃げだして、今は野良になっておるがのう。
    じゃが、逃げだしたとはいえ、 ワシの領地にいるってことは、ワシのコリブリじゃろう?
    それなのに、勝手に狩っていく不届き者がおるのじゃよ。
    奴らは、コスタ・デル・ソルのギリギリ外側で、 コリブリを餌付けしては、狩っていってるようでのう。
    ……だれか、話をつけてくれんかのう~?
  • このエピソードは、FF11のネタ「我々のコリブリ」を想起させる内容である。

旧FF14でのゲゲルジュ

  • 旧FF14ではリムサ・ロミンサで雇える同名のリテイナーが存在していた。
  • 「俺が働いてやるんだから、感謝しろ。」「俺をまた雇いたい、だと? 世の中、そう、甘くはないぞ?」等、偉そうなセリフを使っていた。