NPC・組織/カルヴァラン・ド・ゴルガニュ

カルヴァラン・ド・ゴルガニュ(Carvallain de Gorgagne)

Table of Contents

概要

  • ロータノ海に巣食う海賊頭領。
  • 「時流を読む」ことを信条とする開明的な大海賊。
    カルヴァラン様は、海の波を読む才ばかりでなく、
    時代の波を読む才に長けたお方。
  • 大型船の船団による外洋航行そして帝国向けの物資を運ぶ船の襲撃による『スパイス貿易』を行っている。このため、エオルゼアでは貴重な物品なども取引しているようで、実際にレストラン・ビスマルクが百鬼夜行から貴重なスパイスを仕入れることもあるようだ。
    霊災によって、多くの海賊が廃業ないし縮小するなか、
    カルヴァラン様は、いち早くスパイス交易を手掛け、
    莫大な財産を築かれたのです。

生れ

  • イシュガルド四大名家のひとつ、デュランデル家の嫡男として生まれる。
  • 皇都の貴族社会でエリート街道を歩んできたが、14歳の時に見聞を広めるために出た船旅にて、出港3日後に乗船が「百鬼夜行」所属の海賊船に襲撃されてしまう。
  • しかしこれを古臭い因習に縛られた故郷から脱出する好機とみなし、自ら志願して海賊団の一員となった。
    カルヴァラン : あの日、私が乗った船が海賊に襲われず、
    家柄にこだわる山深い故郷で暮らし続けていたなら、
    今頃は、占星台で星を読む生活を強いられていたことでしょう。
  • 探検手帳でのクルザス西部高地のゴルガニュ牧場の記述
    デュランデル家に仕える騎士、ゴルガニュ卿が建てた牧場。武術
    師範として手塩にかけて指導していたデュランデル家の嫡男が、
    旅の途中で行方不明になったことで、彼は失意のうちに引退を
    決意。この牧場を建てたという。
  • すでにゴルガニュ卿は亡くなっており、老婦人から墓にニメーヤリリーを供え墓参りしてほしいと頼まれる。
    夫はね、とても腕の立つ騎士だったの。 
    名門「デュランデル家」にお仕えしていて、 
    その嫡男様の武術指南役という、栄えある仕事をしていたのよ。 
    坊ちゃまは、俊英とも呼ばれるほど凄い方だったけど、 
    あるとき・・・・・・見聞を広めるためにと向かった旅先で、 
    行方不明になってしまってね・・・・・・。 
    それ以来、喪心した夫は表舞台から去ったの。 
    あの牧場は、それから開いたものだったのよ・・・・・・。 
    きっと、坊ちゃまを思い出すのが辛かったのでしょうねぇ・・・・・・。

    カルヴァランデュランデル家の嫡男。その武術指南役がゴルガニュ卿で故人。カルヴァランが何故ゴルガニュ姓を名乗るかは明らかにされていない。

百鬼夜行のリーダー

  • その後、星読みの知識と類まれなる指導力を遺憾なく発揮したことで、やがて「百鬼夜行」頭領にまで上り詰めた。
  • 百鬼夜行のリーダーを務めており、旗艦「ミゼリー号(Misery)」の船長でもある。
  • 同じ海賊の紅血聖女団ローズウェンとは一発触発状態にある。
    • ……が、どうやらお互いに憎からず思っている様子。しかし、船団同士の対立と、お互いの立場による建前でどちらも素直になれず、その上カルヴァランが乙女心を理解していないのでなかなかうまくいかないようだ。

アスタリシア号

  • 旧FF14では、リムサ・ロミンサの港に係留されているアスタリシア号に乗船していた。

    「斧が力技だけの武器ですって?とんでもない。私に言わせれば、使い所で決まる、もっとも戦略的な武器ですよ」

    • 余談だが、陸戦を苦手とする傾向にある海賊でありながら、「イシュガルドの騎士のようだ」と称されるほどの卓越した騎乗技術を誇る。これによってカルテノーの戦いでは負傷したメルウィブ提督を救出するという功績をあげた。
    • もともとは海賊に襲撃された一般人。しかし、捕まった海賊の中で逆に頭角をあらわし、今では才覚によってその頭に収まっている。リムサ・ロミンサ出身ではないらしく、どこか別の国の出身のようだが……?

新生エオルゼア以降