NPC・組織/カラス・カンシ


カラス・カンシ(Karasu Kanshi)

紅嘴のカラス
Table of Contents

概要

  • ドマの忍の里出身の忍者
  • 「紅嘴のカラス」

人物

  • 独特の口調で話す。
    ンン~ン、人気者はつらいねェ……。
    相手してらんないヨォ、まったく!!
    ンフフフフフフフフ!!
    いいね、いいねいいねいいねいいねェ、沸き立つヨォ!
    それじゃ、サヨナラだ。
    いつの世も、勝者は先の物語に進み……敗者は死んで幕切れ、だァ。
  • オボロとは兄弟弟子にあたる。
    オボロ : ……私とカラスは、同じ里に生まれた仲であり、
    ともに「ゲッカイ師匠」の元で修行を続けていた、兄弟弟子……。
    カラスは、「忍術」については天賦の才を持っていてな。
    私は奴に勝つことを目標に、努力を続けていた。

裏切り

  • 忍の里の裏切り者とされる。
  • 裏切りについて
    オボロ : ドマが敵の手に堕ちたあの日……
    内部の何者かに、里の機密が持ち出された。
    現場に居合わせ、犯人に立ち向かった忍びはすべて惨殺……。
    我が師「ゲッカイ」も、その内のひとりでな。
    ……その亡骸は、顔の判別もつかぬほど傷ついていた。
    犯人探しをするまでもなかった……。
    里から逃げ出すカラスを、目撃していた者がいたからだ。 
  • 本当の「裏切り者」
    アハハハ……そう、ボクらの師匠「ゲッカイ」だ!
    アイツは死んでない、死んだふりをして逃げた!
    本当の裏切り者は、アイツだよ!!
    忘れもしないよ、襲撃されたあの日のことォ……。
    死んだはずの師匠が逃げているところを、偶然見つけてさァ。
    理由を聞こうと思って、追いかけたんだ。
    そしたら、逆に捕まっちゃってさァ……。
    味方につくなら命は助ける、って言われたわけェ。
    ま、師匠を追ったのも好奇心だったし、
    新たな土地に行くのも面白いかなァと思って、従ったのさア。
    ……結局、帝国軍ごっこは想像より退屈だったけどネェ。

その後

  • 一度は死んだかと思われたカラスであったが、ゲッカイとの戦いが終わった場面で登場し、最後の装束を手渡したのち、オボロの引き止めを断って消える。
    ……お断りダヨォ。
    もともと、里が嫌いなんだ。
    ボクの才能を活かすには、あの地は狭すぎる。
    それに事実がどうあれェ……
    里の情報を持っているボクが、脱走をしたこと。
    そして、この地で帝国軍についていた事実は変わらない。
    お前の任務は、あくまでボクの誅殺……。
    それを遂げずに逃げ帰ったら、どうなるかなァ……?
    まあ、それも面白いけど……プププ。
    お前は、紛れもない里の優等生……。
    そいつをもって帰って、ボクを殺したと報告しなヨォ。
    そうしたらボクはもっと、自由になるんだ。

関連項目