NPC・組織/ウリエンジェ


ウリエンジェ・オギュレ(Urianger Augurelt)

預言詩

  • エオルゼアの異変が起こり始めたとき、各地のキャンプに現れ「第七霊災」の預言詩を広めている。

第七の浄化との関わり

第七の浄化~不吉な噂~

  • 第七の浄化~不吉な噂~において不審者Urianger Augureltが登場し、次のような内容をSayで話していた。
    Urianger Augurelt: 恐るべき異変が世界に迫っています……
    Urianger Augurelt: 真実を求める者よ……どうか、ご傾聴ください……
    Urianger Augurelt: 『六の陽没し 七の月輝きしとき……
    Urianger Augurelt: 群雲より 紅き炎降り 奈落より 黒き闇湧かん……』
    Urianger Augurelt: 使徒メザヤが預言した「第七の浄化」は、目前に迫っています……
    Urianger Augurelt: 真実を求める者よ……目を覚まし、立ち上がるのです……
    Urianger Augurelt: 未来を変えましょう……貴方がたの力で……

不浄なる印形

  • グリダニアグランドカンパニークエスト「賢者の刻印」で語られるウリエンジェ
    アイリス : 最近、噂の「賢者ウリエンジェ」よ、きみは知らない?各地のキャンプに現れては、「第七霊災」の預言詩を広めてて……あんなのに、だまされちゃダメ。あれはペテンよ。
    アイリス : あいつはね、「不浄なる印形」を刻んでまわってるの。その印形の調査と解除をしてるのが、わたしたち。けなげでしょ?
    アイリス : でも、仲間たちは、あいつに次々とやられてしまって……その印形によって何が起きるのかまでは、解明できてない。

失われた神歴記第七節

  • グリダニアグランドカンパニークエスト「賢者の刻印」で語られるウリエンジェ
    パパリモ : 彼が広めてる預言詩は、世界の破壊と再生が六節にわたって描かれている。でも、賢者が読んでるのは第七節。
    未完のまま行方知れずとか、実は存在しないとか言われてる一節だよ。
    パパリモ : で、第六節までは、さまざまな根拠から実際に起きたと言われてる。
    だから「第七霊災」も確実に起きる、と主張する研究者が多いんだ。ウリエンジェは、その中のひとりなのかも。

邪悪な魔法使い

  • サブクエスト「月の胸騒ぎ」で語られるウリエンジェ
    ワルチャー : それは、「賢者ウリエンジェ」だ。各地のキャンプに現れては、預言詩を読み上げる……うさん臭い男さ。
    ワルチャー : 大昔に起きたという「第六霊災」には、隠された秘密がある。「あの霊災は、邪悪な魔法使いの一団が引き起こした」そうなんだ。
    ワルチャー : この邪悪な魔法使いたちは、「七魔王」と契約して幾万もの魂を「七つの獄」に送った。エオルゼアの王になろうとしてね。賢者ウリエンジェは、この魔法使いの一人じゃないかってネタがあるんだ。

「勇の剣」と「優の灯」

  • おわりの名は希望
    「メザヤの預言」……それは、滅びの定めにあらず。
    それは、滅びのあとに残る「希望」の約束。
    そして、第七の預言に語られる「勇の剣」と「優の灯」……今、はっきりとわかりました。
    それは正しく……あなたのことであると。
    たとえ、無慈悲なる災厄が訪れようとも……
    あなたという「希望」ゆえに、エオルゼアの未来は、紡がれ続けることでしょう……

他のNPCとの関係

関連項目

第七の浄化】【神歴記】【第六霊災】【属性を失ったクリスタル