NPC・組織/ウィダルゲルト


ウィダルゲルト(Widargelt Beake)

ウィダルゲルト
Table of Contents

概要

  • アラミゴ出身のモンク
  • モンク
    挨拶がおくれました、ウィダルゲルトです。
    博士の紹介に付け加えるなら「ラールガー星導教」信徒の中でも
    特殊な武術を修めた修行僧「モンク」ということになります。
  • エリック博士の弟子にあたる。
    紹介しよう、この男は、ウィダルゲルト。
    「プラチナミラージュ」のガガルナがよこした護衛であり、
    吾輩の理解者であり、最大の協力者、いわば一番弟子だな。
    うむ、つまり君の兄弟子にあたる、というわけだ!
    たまに言うことを聞かんのと「チャクラ」だ「気」だと、
    非科学的なことに、うつつをぬかすのが玉にキズだが……

生まれ(テオドレッド

  • 実は、ウィダルゲルトの本名はテオドレッド(Theodred)である。
  • 彼はアラミゴ最後の王テオドリック(Theodric)の甥にあたる人物である。
  • テオドリックの暴政に反発した民衆は反乱軍となり、王宮になだれ込んでテオドリックを追い詰めついには自害へと追い込んだ。
  • この時アラミゴ王家の血は途絶えたとされていたが、テオドレッドはその母の機転により僻地にあった星導教の山寺に預けられて育った。

モンク

  • モンクとは「ラールガー星導教」の修行僧が伝えてきた武術である。
    「モンク」とは「ラールガー星導教」の修行僧であり、僧兵だ。
    アラミゴの地では古くから、破壊と流星を司る神「ラールガー」が
    信仰されており、その最大宗派が「ラールガー星導教」……
    ウィダルゲルトのやつが、所属している一派だ。

アラミゴ難民

  • 祖国アラミゴガレマール帝国から取り戻すための力「第七のチャクラ」を欲している。
    ウィダルゲルトは、祖国であるアラミゴを取り戻すために
    ガレマール帝国の技術力に匹敵する「力」を欲している。
    「第七のチャクラ」は、あいつが一番に考えつく「力」だろう。

関連項目