NPC・組織/イゼル・ダングラン

イゼル・ダングラン(Ysayle Dangoulain)

イゼル
Table of Contents

概要

「氷の巫女」の異名で知られる、エレゼン族の女性。
イシュガルド正教の教えに反し、ドラゴン族と連携する「異端者」勢力の新たな指導者。
彼女は、千年続く人とドラゴン族との戦いの終結を望むが……。

超える力

  • イゼルもまた冒険者同様に超える力を持つ。
    私は、あなたと同じ「超える力」を持つ者。
    最初は、幻のように現れる過去の情景を前にして、
    その意味すらわからず、怯えさえした。
  • 最期、ハイデリンから与えられた光のクリスタルのエーテルを放出する。
    あのエーテル……あれは、光のクリスタル……。
    彼女もまた、間違いなく、
    ハイデリンに導かれた光の戦士だったのね……。

聖竜との出会い

  • 第七霊災フレースヴェルグとの出会い
    しかし、5年前にすべてが変わったのだ。
    ……そう「第七霊災」が起きたのだ。
    霊災によりクルザスの環境は激変……。
    私の故郷「ファルコンネスト」は、
    瞬く間に、雪と氷に閉ざされてしまった。
    寒さに追い立てられ、ドラゴン族に襲われるのを承知で、
    西方のドラヴァニアへと逃れたのだ。
    そして、かの地で私は出会った。
    偉大なる「七大天竜」の一翼、聖竜「フレースヴェルグ」に。

聖女シヴァ

聖女シヴァ
  • フレースヴェルグに出会うことにより竜詩戦争の過去を視て真実の片鱗を知ったイゼルは、聖女シヴァを喚び降ろすことにより蛮神シヴァの力を得る。
  • そしてイシュガルド皇国の変革と人と竜との融和を夢見る。
    1200年もの、はるかな昔……。
    エレゼン族の一団が、クルザスの地にやってきた。
    当初は、ドラゴン族との小競り合いが絶えなかったが、
    やがてひとりの乙女がふたつの種族の架け橋となる。
    ……彼女の名前はシヴァ。
    彼女は高い知性と理性を持つ竜と対話する中で、
    「七大天竜」一翼である聖竜「フレースヴェルグ」と出会い、
    種の違いを超えて、かの竜を愛するようになった。
    ……だが、人の命は、竜のそれに比べてはるかに短い。
    どんなに長く生きようとも、人は100年もすれば死ぬ。
    一方で竜は、千年万年の時を生きる……。
    シヴァの愛を受け入れたフレースヴェルグも苦悩した。
    やがて死が、ふたりを分かつという現実に……。
    そして、シヴァは懇願したのだ。
    自分を喰らってほしいと……。
    魂となって永遠に寄り添うために……。
    かくして、シヴァの魂はフレースヴェルグに宿り、
    これを知ったドラゴン族と人とは互いを認め、
    融和への道を歩んでいった。
    ふたつの種族は協力し、この地に美しい国を築いた。
    しかし、「竜の眼」に満ちた力は人の心を惑わせ、
    この蜜月関係は、わずか200年足らずで終焉を迎える。
    人は欲望を抑えきれなかった。
    自己のために「七大天竜」を騙し討ち……。
    ……その「眼」を奪ったのだ。
  • 蒼天のイシュガルド」のテーマソングである「Dragonsong」の歌詞
    Children of the land do you hear
    Echoes of truths that once rang clear
    Two souls intertwined
    One true love they did find
    Bringing land and heavens near
    But flames that burn full bright, soon fell dark
    Memories dimmed by shadowed hearts
    In the waxing gloom did wane the lover's moon
    Watching as their worlds drift apart
    One soul's cry
    A passion dwelling within
    Sacrifice, a final plea to her kin
    Yet this bond of hope, by treachery was broke
    Scattering her words to the wind
    Swelling over long,
    seas of blood, are a song
    And death an afterthought
    To those who fight for naught
    A throne, lying empty
    A reign, incomplete
    Alone, for eternity
    A pain, without cease
    Children of the land, answer this
    Why must you turn to empty bliss
    Tell me why break trust, why turn the past to dust
    Seeking solace in the abyss
    Tell me why create, a circle none can break
    Why must you let go, the life you were bestowed
    This I fear I'll never know
    Never know

蛮神シヴァ

意外な姿

  • ドラヴァニア雲海モーグリと邂逅した際、しきりに可愛いと呟いている。
    な、なんだ、意外そうな顔をして! 
    私とて可愛いものを、可愛いと思うことくらいあるぞ。
    「氷の巫女」と呼ばれても、心まで凍り付いてはいないのだ。

最期

  • 魔大陸への突入を試みる冒険者一行に襲いかかったガレマール帝国の最新鋭艦の前に、フレースベルグは氷の巫女を連れて飛来する。
    かつて星の意思から授かった、光のクリスタル……。
    ……今こそ使う時か。
    これまで、自分の主我のために、多くの犠牲を出してきた。
    結局私は、凍えた身体を温めるための、仲間が欲しかったのだ……
    そのために、大義を創った。
    許して、シヴァ。
    ……そして、フレースヴェルグ。
    それでも私は、どうしても見てみたい……。
    少女が雪原のただ中で、凍えずとも済む時代をッ!
    
    ありがとう フレースヴェルグ
    聖女シヴァ──
    いえ 願いによって造られた 私自身の神よ!
    今こそ我が身に降りて
    真の融和のために 最期の静寂を!