NPC・組織/ア・トワ・カント

ア・トワ・カント(A-Towa-Cant)

ア・トワ・カント
Table of Contents

概要

  • 角尊を何人も排出している名門カント家の生まれ。
  • ア・トワは変わり者で、一生のほとんどを黒衣森で過ごす他の角尊とは違い、森の外に棲まう精霊を探し求め各地を放浪したという。その道中、癒やしの技で人々を助ける善行も重ねたが、バイルブランド島のオ・ゴモロ山に向かったのを最後に行方知れずになったという。
  • カント家はア・トワを最後に途絶え、名杖「タイラス」もそれ以来失われたままだとされる。

使用武器:タイラス

  • カント家の家宝として受け継がれた名杖。
  • 幻術士は一般的に天然木で作られた杖を好むが、タイラスは一見石材の杖に見られることがある。
  • これに対してア・トワは「石にあって、石にはあらず。長き時を経て、石の如き静寂を知るに至った樹木なり」と答えたという。つまり、タイラスは樹木が変容した石「珪化木」で作られていたことを示している。