NM


NM(えぬえむ)











  • 旧FF14コンテンツです。新生エオルゼアでは実装されていません。
  • 似たようなものとして、「リスキーモブ」と呼ばれるレアPOPモンスターあるいは特定条件をみたすことでPOPするモンスターが配置されている。モブハントの項を参照のこと













  • ノートリアスモンスター(Notorious Monster:悪名高いモンスター)、またはネームドモンスター(Named Monster:名前のついた・有名なモンスター)の略。
  • ※一般的にNotoriousは日本語で”ノトーリアス”と表記されるが、FF11/FF14シリーズにおいては公式発表に基づき”ノートリアス”と表記する慣わしとなっている。

FF14のNM

  • FF14のNMは、大きく分けて次の2種類がある。
  • フィールドNMが時刻気象条件などを満たせば誰でも討伐できる(占有するために競争がある)のに対し、ギルドリーヴNMは当該ギルドリーヴを受領するかリーヴシェアで参加(いわゆるお手伝い)しない限り討伐できない。リーヴ受領者が100%発生させることができ、また100%占有できる。
Table of Contents


NM装備 アラガンストーン

ギルドリーヴNM


ギルドリーヴNM一覧

  • NMリーヴは三段階になっており、上記の一段階目のギルドリーヴを達成したあとで冒険者ギルドカウンターで提示される第二段階目のリーヴを達成し、さらにその後の第三段階目のリーヴを達成してはじめてクリアとなる。
  • 以降は、400ポイントを貯めることで何度でも第三段階目のNMリーヴのみを繰り返し受けることが可能である。

アラガンストーン

お手伝い

  • 対象のファクションリーヴを持っていない場合でも、同一PTに参加しリーヴシェアすることで”お手伝い”として参加することができる。またリーヴシェアで参加したメンバーも、攻略後に宝箱を調べることでクリスタル数個と、リーヴ成功報酬数千ギル、さらにモンスターを倒した際のドロップアイテムなどを得ることができる。




フィールドNM

  • フィールド上に特定条件下において発生するNMのこと。
  • 現在登場している5NMについては、時刻条件と気象条件を満たすことで発生することが確認されている。
  • なお現在実装されているNMについては、すべて抽選などなしの時間性ポップとなっている。気象条件および出現時刻を満たしておればランダムな間隔でポップし、出現時刻の終了でデポップする。前回倒されてからのリポップまでの時間はランダムだが、すぐに出現するものから5分(一部NMで10数分)程度リポップしないものもある。

フィールドNM一覧

  • NMドロップ品は、通常モンスター同様にPTメンバー全員の中からランダムでいずれかのメンバーの戦利品に入る仕様となっている。
  • 発生条件時間内に占有した場合、時間外になったとしても占有し続けている間は消えない。占有を解いた場合は、時間外になると消える。
  • フィールドNMは、戦闘中PT外からのケアルやサクリファなどのヒーリング行為ができない仕様となっており、次のようなシステムメッセージが表示される。
    その人は特定の条件下にあるため、このコマンドは実行できません。
  • フィールドNMは、実装当時のプレイヤーの到達ランクが低いこともありPT15名制にも関わらずかなりの強さであったが、2010年末~2011年初にかけて複数クラスカンストするものが現れ始めると各ワールドで次々と討伐報告がなされるようになっていった。
  • その後、当初は最強と思われていたドドレなども、戦術の確立により4名~6名程度で討伐可能となった。
  • さらに、PT8名制への変更と時期を合わせてNMの弱体化が行われた結果、ほぼすべてのフィールドNMをソロ討伐するものが現れるようになっている。

関連項目

NM装備】【アラガンストーン

NM一覧

開発によるNM発言

近いうちに、ファイナルファンタジーXIVの世界にも、ノートリアスモンスターが出現します。その多くが通常のモンスターとは明らかに異なる外見をしています。また、中にはモルボルが小さいと思えるほどに巨大なノートリアスモンスターも登場させる予定です。長閑だった時代はもうすぐ終わりです! 見た目の差異とエピソードを用意された、パワーアップしたノートリアスモンスターで、冒険者のみなさまを苦しめてやるつもりです。
Eorzea Preliveのスペシャルトークセッションにて)

HNM

FF11におけるNMの特性

  • 一般的なモンスターとは異なり、NM固有の二つ名を持っている。しかし、FF14では固有の二つ名は廃止されてしまった。
  • 通常POPではなく、抽選方式や前回POP時間からの経過方式など特殊なPOP条件で現れる。
  • 一般に徘徊するモンスターに比べた場合、価値が比較的高いアイテムやギルをドロップする傾向がある。
  • 弱いNMはソロプレイヤーでも討伐することが可能であった。