魔導兵器


魔導兵器(まどうへいき / MACHINA, Magitek Weapon)

  • ファイナルファンタジー世界における兵器の一種
  • ガレマール帝国の魔導技術により実現された兵器群を指す
  • FF6で登場した魔導アーマーの概念と似ており、FF14ではガレマール帝国がこの魔導技術を使いこなすことで驚異的な発展を遂げたとされる。

概要

ガレマール帝国の主要民族ガレアンは、先天的に魔法を行使できない者が多い。 それゆえ、機械技術によって魔法の代替と成す「魔導技術」が発達してきた。 青燐水をエネルギー源とする「青燐機関」も、魔導技術の典型的な例といえるだろう。

亡命帝国人技術者によりもたらされた魔導技術は、徐々にではあるが確実にエオルゼアに広まっていく。 ウルダハの鉱山用トロッコと青燐機関の出会いは、荒野に鉄の道すら現出させるだろう。

魔導兵器

魔導ジャガーノート(the Juggernaut)

  • 筒状の浮行ユニットと、二脚型の走行ユニットで構成される飛行型魔導アーマー。分隊規模の兵員を載せることができるため、揚陸艇としても運用される。
    nolink,FF14飛空艇その1

魔導ヴァンガード(the Autonomous Vanguard)

  • サーメット製ドリルによる城門・防壁の破砕を主任務とする無人型魔導アーマー。文字通り先兵として運用される他、攻城兵器対策として拠点防衛にも用いられる。
  • 魔導ヴァンガード重装型も登場していた。
  • プレイヤーの間では「ロボ」と呼ばれていた。

魔導リーパー(the Reaper)

  • 単騎での偵察任務から、横隊での突撃戦術まで、幅広く用いられる騎乗型魔導アーマー。帝国軍における騎兵戦力の中核を担う。

魔導アーマー(Magitek Armor)

  • 魔導アーマーについては、帝国側から鹵獲したものとして、プレイヤーが乗ることもできるようになると発表されている。
    FF14魔導アーマー

関連項目

ガレマール帝国

魔導アーマー