飛空艇

飛空艇(Airship)

Table of Contents

概要

  • 飛空艇とは、ファイナルファンタジーシリーズに登場する空を飛行可能な乗物の総称。
  • シリーズにより様々な形態のものが存在する。

FF14での飛空艇

  • 第六星暦時代には、エオルゼア各地に飛空艇乗り場がありさらにガレマール帝国軍の飛空艇が空を巡回するなどエオルゼアでも飛空艇が利用されているが、正式サービス後も長らくは冒険者であるプレイヤーは利用できなかった。
  • その後パッチ1.19でチョコボと共にプレイヤーが利用可能な交通手段として実装された。リムサ・ロミンサウルダハグリダニアの「3都市間」限定の航路となった。
  • エオルゼアにおける飛空艇は、タタノラ氏の完全なオリジナルではなく、見ればなんとなく察しもつくが、実はベースにあるのはイクサル族の気球技術である。 後にハイウィンド社を立ち上げるタタノラ氏と、のちのエカトル飛行団の基礎をつくるデズル・クワラン氏。 純粋に空を目指した二人の男の、種族を超えた友情が、今のエオルゼアの飛空艇技術を生み出した。 その流れを汲むエカトル飛行団では、ガルーダのエーテルを充填した風生みの珠に頼る、現在のイクサル族の主流の技術ではなく、ヒトの技術である青燐機関やエーテル翼などを活用したより先進的な設計を採用している。 それを以て目下建造中なのが、創設者の名を冠したデズル・クワラン号である。プレイヤーは、蛮族クエストを通じてこれの建造にかかわりつつ、再び築かれるヒトとイクサルの友情を見届けることになる。

代表的な飛空艇

ハイウィンド号

  • 約50年前にタタノラ氏が開発した気球(飛空艇ではない)。
  • 氏はこの気球の名を取り、飛空艇運行会社を「ハイウィンド飛空社」と命名した。
    • ※なお「ハイウィンド」とはFF7で登場した飛空艇の名前でもある。

インビンシブル号

  • タタノラ氏が大型船を流用して建造した飛空艇。なお実物は空をとぶことはできず、大金を無駄にしたことで有名になった。

タイニーブロンコ号

エンタープライズ号

ブラックジャック号

デズル・クワラン号(Dezul Qualan)

利用料金

  • 新生FF14では当初200ギルとなっていたが、2013年10月15日のパッチ2.05で120ギルに修正された。

出発/到着時刻

  • 即出発し、すぐに到着する。

飛空艇乗り場

都市国家内の乗り場

民間飛空艇

  • エオルゼア内での飛空艇交通網を一手に担っているハイウィンド飛空社の飛空艇のほか、民間所有の飛空艇の入港も行われている。
    タタラム : ああ、冒険者さん、いいところへ!ウルダハ・ランディングを利用している、民間飛空艇の入港記録を片っ端から調べてみたのですが……。
    タタラム : 申請者リストの中に見つけたんです。「自笑堂」を経営するララフェル族の富豪、「メメリガ」氏の名前をですよ。

公式フォーラムでの言及

1.19で実装される飛空艇については第17回プロデュサーレターでもお伝えしていますが、出発と着陸時にはカットシーンの演出がありますが、移動は一瞬になり飛空艇内を動きまわるといったことはできません。

ただし、将来的には飛空艇の中も動きまわれるようにする計画があります。 そしてその際には、飛空艇内で事件が起こったり、クエストが発生したりなど、飛空艇内での遊びも一緒に提供していきます。

まずはひとつの移動手段として飛空艇をご利用ください!

ちょっとこの辺については言葉足らずで失礼しました。 想定されている仕組みとしては、早く移動したい方はイベントをカットし目的地に瞬間移動し、飛空艇での旅(やハプニング!?)をゆっくり楽しみたい方はイベントを楽しむなど、状況やプレイスタイルに応じて選択できるということが想定されています。 (そのうち、今回は先んじて瞬間移動が実装されるというものです)

関連項目

ガーロンド・アイアンワークス】 【マップ】【リージョン】【都市国家

FF XIでの飛空艇

  • FF11では、各国家間を結ぶ定期航路が開かれており、飛空艇パスというチケットを手に入れることで利用可能になった。