青燐水

青燐水(せいりんすい / Ceruleum)

  • ハイデリンで利用されている燃料。
    「青燐水」は、わずかな質量から莫大なエネルギーを生み出す。だからこそ優れた動力となる。
  • エオルゼアでは、ウルダハ北部で産出する
    「青燐水」ですか。ウルダハの北の方で地面を深く深く掘ると噴き出す、特別な油ですね。
    ウルダハで採掘できる「青燐水」を使った方が、効果的で話も早いと。
  • ウルダハでは灯りにこの青燐水を使っている
    ウルダハは青燐水を使ったランプで、まぶしいほどに明るいんでしょ?
    「青燐水」の光は明るすぎるし、力が強すぎる。あれは、照らすものじゃない、燃やし尽くすものだよ。
  • ガレマール帝国はこれを青燐機関に利用している。
    ガレマール帝国は「青燐水」というエネルギーを実用化している。
    ガレマール帝国は「青燐水」を燃料にする機械……「魔導機械」の進歩によって、発展してきた国とも言えるんだ。
    青燐機関を動かすのに必要なのは、「青燐水」だ。

青燐泉

青燐機関

  • ガレマール帝国はこの青燐水を利用した「青燐機関」を開発しており、そのエネルギーによって巨大な飛行戦艦を運用している。
  • モードゥナに墜落した戦艦「アグリウス」にもこの青燐機関が搭載されており、墜落時に青燐炉隔壁が損壊、銀泪湖の湖水の大半を蒸発させ、湖畔に大規模な水晶化現象を引き起こしたという。

関連項目

アマジナ鉱山社】【ガレマール