鏡像世界

鏡像世界(きょうぞうせかい / reflections of the source)

概要

  • 原初世界と鏡像世界は、円環状に並び立つ平行世界となっている。原初世界の隣は第一世界と第十三世界になる。
  • すでに7つの鏡像世界が消滅している。

鏡像世界の一覧

番号特徴アシエン状態
原初世界FF14の舞台となっている世界アシエン・ラハブレア
第一世界闇の戦士のいた世界、原初世界に隣接アシエン・ミトロン「光の氾濫」
第二世界
第三世界
第四世界
第五世界
第六世界
第七世界
第八世界
第九世界
第十世界
第十一世界
第十二世界アシエン・ナプリアレス
第十三世界アシエン・イゲオルム「闇の氾濫」により「ヴォイド」化

第一世界(the First)

  • 闇の戦士」たちは光の力の加護を得てアシエンを含むありとあらゆる闇を払い、その結果強くなりすぎた光の力が氾濫し、第一世界は「完全な無(blank perfection)」になりかけている。
  • そのため「闇の戦士」たちは、光の氾濫から第一世界を救うためアシエンと手を組み原初世界に渡ってきた。その目的は原初世界でアーダー(霊災)を起こして次元の壁(the barriers between planes)を破壊(次元圧壊)し、それにより第一世界を原初世界に統合することにある。

第十三世界(the Thirteenth)

  • 異界「ヴォイド」
  • 闇の氾濫により、無になった世界。

関連項目

原初世界】【アシエン