装備品


装備品カテゴリーのページ

  • このページは、装備品カテゴリーの索引ページです。
  • 装備品カテゴリーは、主にFF XIVで登場するアイテムのうちプレイヤーキャラクターが装備できる装備品類を集めたカテゴリーです。



Table of Contents






アイテムレベル制について

装備品を試着したい・グラフィックを見たい

  • マーケットボードやNPCショップなど装備品がリスト表示されているウィンドウ上で「装備試着」機能を使うことで、自分のキャラで着用した時にどういう風に見えるのかが確認できる。

装備試着ウィンドウ

  • 次のような試着設定ができる
  1. 納刀時のメインアーム&サブアームを表示する…武器・道具類の表示/非表示
  2. 頭装備の表示/非表示…頭部分
  3. 試着部位以外の部位を表示するかどうか…無指定だと試着部位以外は下着。
  4. 試着内容を記憶するかどうか …他の装備も試着するときに試着内容を部位ごとに上書きしていき、セットでの着用イメージを確認する。
  • その他試着ウィンドウでは、キャラを拡大・縮小(カメラ接近・離脱)したり、回転させることができる。

マーケット販売装備

  • マーケットで装備名が表示されている時に右クリックから「装備試着」を選ぶ ※PS3/PS4なら□ボタンでサブメニューがでる。
  • 組み合わせで試したい場合には、「試着内容を記憶」したまま次の部位を試着していく

トークン/軍票など交換装備

カワイイ装備を着ている人がいる

  • その人を右クリックして「調べる」
    • 対象のプレイヤーが移動している場合は素早くしないとすぐに見きれてしまうので注意
  • 装備窓が開くので、調べたい装備部位(胴・頭など)を右クリックして「装備試着」を選ぶ

ログからの試着

  • 試着をすると、「ギャンブラーコートを試着した。」などとログウィンドウに残る
  • ここから右クリックで「装備試着」を選ぶことで再度試着することができる
  • また試したい装備品を着ている人が知り合いの場合、アイテムのところから「基本性能を伝える」するとログウィンドウにアイテム名が残る。ここからここから右クリックで「装備試着」を選ぶことで再度試着することができる

クエスト情報などからの試着

  • クエストなど「報酬」欄にアイテムが表示されている時も、同様に右クリックで「装備試着」を選ぶことで再度試着することができる


属性

  • 装備品には、通常のアイテムと異なり次のような属性がある。

Ex属性

BIND属性

  • 装備品を着用した状態で経験値を取得すると付与される属性で、このBIND属性がついた装備は、他のプレイヤーに譲渡したり販売することができなくなる
  • いわゆる中古品流通防止の目的で導入された属性であり、元々Ex属性がついている装備にBIND属性がつくことはない

Rare属性

  • 同じ装備を同時に複数持てない属性
  • 比較的レアな装備品についていることが多い
  • ※フェニックスの尾や蛮神素材など、Rare属性がついている一般アイテムも多数ある。



アイテムレベル

アイテムレベル




武器・道具

防具



FAQ(質問と回答)

レベリング中の装備

どの装備がいいの?
  • 基本的に「アイテムレベル」の高い装備を選んでいけば間違いはありません。
  • ステータスの違いが出てくるのは、エンドコンテンツに挑むようになってからの話です。それまではとにかく1つでもアイテムレベルの高い装備を選んでいきましょう。
  • 数字を比較するのは大変ですので、そんなときは「キャラクター情報」画面にある「さいきょう」ボタンを押しましょう。自動的にそのジョブでの最高ILの組み合わせを提案してくれます。
レベル50になったらどんな装備がいい?
タンクやっててタゲを奪われるんですが…
  • ダンジョンなどで、ヘイト不足によりDPSに敵のターゲットが飛んでしまうことがあります。しかしそれは多少装備を強化しても変わりません。
  • もし不慣れな場合や装備品が整っていない場合は、開始直後に「不慣れですがよろしくお願いします」とでも挨拶しておけばDPSやヒーラーも気を使ってくれるはずです。

    日本語が通じない相手の場合でも、不慣れです敵視に注意してください。ここに来るのは初めてです。などの定型句が使えます。「ふなれ」と入力してTABキーを押せば定型句が表示されます。

  • あなたがアクションなどを使いまわして最大限努力しても、どうしても敵のターゲットが飛んでしまう場合には、幾度かは取り返す努力をした方がいいですがそれでも何度も繰り返すようならそのDPSが悪いものとして無視しましょう。ほとんどのDPSは自分にターゲットが来ると慌てふためいて逃げ惑います。一度そのまま放置すれば、きっとヘイトに気を使うようになると思われます。またターゲットが来ても慌てないDPSは承知のうえでやっていてまた自分で処理できるので、あなたが気を使う必要はありません。
  • こうなってしまう原因を考えるとたいていの場合は、タンクであるあなたと異なる敵を殴っていたり、あるいはヘイトを確認していないなどのDPS側の不注意によるものだと思われるためです。DPS側にはタンクのターゲットを確認してターゲットを合せたり、ヘイトを確認する義務があります。それらを怠って(何度も繰り返して)DPSに敵のターゲットが飛んでしまうのはDPSの責任であり、タンクのあなたが責任を感じる必要はありません。多くのヒーラーはあなた以上に無神経で仕事を増やすだけのDPSにイラつかされており、何度か過ちを繰り返せば、あなたより先にヒーラーが怒り出すはずです。

マーケット

マーケットで装備品買うべき?
  • お金(ギル)がジャブジャブあり余っていて、どうしても急いで強化したいなら買ってもいいでしょう。
  • しかしファーストジョブのレベリング中でお金がそれほどないなら、クエスト報酬品またはダンジョン内での宝箱から入手する装備品で十分です。掲示板などでは「買うべき」などと書かれていますが、回答している人の中には装備品を売って商売している人もいるので鵜呑みにしても騙されるだけです。
    • 例えば「レベル50になったらマーケットでさっさと装備を買うべき」などと書かれていますが、上述したように、蒼天のイシュガルド編のレベル50メインクエストを数個進めるだけでアイテムレベル115の装備がほぼフルセットで報酬としてもらえます。その後もレベル2ごとに装備更新が行われます。
    • メインクエストを進めながらダンジョンを1・2周回れば、すぐにレベルアップして装備品の更新時期になりますので、ギルが邪魔になるほど余っている人以外、装備品一式を買う必要はまったくありません。アクセサリなどどうしても強化が遅れている箇所だけ、NPCショップとの価格差を調べて慎重に買うなり、「神殿騎士団リーヴ」を報酬装備目当てに回すなどすればいいでしょう。
  • マーケットで購入するのはカンスト後、エンドコンテンツに挑み始めてからと覚えておきましょう。FF14では基本的にはお金に困る場面はありませんが、マーケットで装備品やマテリアを買い始めると一気にお金が消えてしまいます。
  • お金が1千万ギルほどたまって、ハウジングなどまとまった使いみちもないようなら、その時に考えるといいでしょう。
なぜマーケットで装備品を買うのはダメなの?
  • FF14ではレベリング速度が非常に早く、レベル10代後半からはダンジョンに行くことで大量に経験値を得ることができ、適正レベルのダンジョンに1回行けば、レベルが1上昇するくらいになります。なので2~3回行けば装備品更新時期になり、前の装備品は不要となります。恐らく錬精度が100%貯まるより早く装備更新になってしまうためマテリア化もできないことになると思われ、さらに低レベル装備品はマテリアにしてもほぼ価値がないためマーケットで売っても二束三文にしかならず、リテイナーのインベントリを圧迫するだけになります。ですから基本的には、装備品はクエスト報酬やダンジョン内で拾った装備で問題ありません。
  • またカンストレベル後を考えても、FF14は偶数パッチ(3.2、3.4など)ごとに入手できる最高レベル装備のアイテムレベルがだんだん上昇していく仕組みになっています。また偶数パッチはだいたい半年ほどの周期でリリースされています。例えばパッチ3.2時点でマーケットに最高の装備品があったとしても、それは半年後にパッチ3.4が実装されしばらく経てばゴミクズ同然になります(実際には奇数パッチで緩和策が導入されるため、実装からだいたい3ヶ月ほどで価値が下落し始めます)。この、前パッチの装備品の価値が大幅に下落する傾向は、カンスト後の装備品において顕著です。それがアイテムレベル制のゲームの特徴です。
  • つまりいまこの瞬間に最高レベルの性能を持つ装備品であっても、半年後には確実に無価値になるということです。それを考えた上で、それでもどうしても今入手したいと思えば購入すればいいでしょう。※ミラージュプリズム用装備を除く。ただしミラージュプリズム用であればなおさら、価値が下がる時期を待ったほうがいいでしょう。捨て値で買うことができるようになるはずです。
友達に追いつきたい・装備レベルを合わせたい
  • そういう特殊な事情があって、お金にも困ってないなら買いましょう。
  • しかしそんな友だちがいるなら、マーケットで買うよりも安く作ってくれる可能性があります。まず友達に相談してみましょう。なお装備品を作るにはたいてい素材集めや制作過程で少なからずお金や時間がかかっています。作ってもらった時には(マーケットの価格よりも少ないくらいで)少しでも御礼をした方がいいでしょう。

マテリア

レベル59以下だけどマテリアはめるべき?
  • いりません。お金がジャブジャブあまってて使いみちがなくても、入れる必要はほとんどありません。
  • もしあなたがクラフターも同時にレベリング中で、どうしてもはめたいならはめてもいいでしょう。
じゃあマテリアはいつはめるの?
  • 基本的にこういったQ&Aを必要としている間はマテリアは必要ないと思えばいいでしょう。自分で価値判断ができるようになれば、自然にはめたほうが良いと判断できるようになります。掲示板などでは「はめるべき」などと書かれていますが、回答している人の中にはマテリアを売って商売している人もいるので鵜呑みにしても騙されるだけです。
  • マテリアは高いものだと1個数十万ギルします。これを1つの装備に2個、複数部位にはめだすとあっというまに百万ギル以上が飛んでいきます。これから攻略するコンテンツにそれだけかける意義があればはめればいいでしょうし、そこまで感じないならまずはアクションスキル回しを工夫してみましょう。
  • カンスト後(蒼天のイシュガルドではレベル60)に、いわゆるエンドコンテンツ蒼天のイシュガルドでは「零式」と名のつくコンテンツ)に挑んでみて、力不足を感じたときにはめれば十分です。それ以外のコンテンツでは、基本的にゲーム内の報酬装備(アラガントームストーン交換装備など)でクリアできるように設計・調整されています。
  • お金が余っていて、DPS自慢などをしたい時にははめるといいでしょう。その時にはこうしたQ&Aは必要なくなっているはずです。

関連項目

地名・国名】【施設・建物】【NPC・組織】【種族】【FF11用語