蛮神召喚


蛮神召喚(ばんしんしょうかん)

概要

  • ワールド内に1体だけ存在する蛮神を見つけ出し、それを倒すことでLSまたはフリーカンパニー蛮神を召喚できる権利が得られる
  • 一定期間(2週間)以内に特定の方法でゲージを貯めることで召喚できるようになる
  • 一度召喚すると、ワールド全体の天候が変化し、その後蛮神は元のようにワールド内のどこかに解き放たれる

インタビューでの説明

  • E3 2012で行われたインタビューでこの蛮神召喚システムについて語っている

    蛮神”と呼んでいる召喚獣と、召喚権利を争うバトルは分けて考えている。

    召喚獣はいつどこに出現するかわからず、出くわしたときに倒さないと召喚の権利が得られない。しかも倒して召喚の権利が与えられるのは、約2週間で考えている。期間は調整中だが、その間に召喚するためのゲージをみんなで溜めなければならず、ゲージはいろんなコンテンツをプレイすることで溜まるようになっている。

    ゲージがマックスになってコミュニティのリーダーがボタンをポチッと押せば、すさまじい攻撃力で敵をなぎ倒してくれる。

    普段自分たちのカンパニーでは倒せないようなボスも、召喚獣が来てくれれば一発!っていうぐらいダイナミックに作ってもいいんじゃないかなと。

    現行版蛮神戦とは)別のバトルとして出てくる。ストーリー上、一度戦うシチュエーションがあり、それによって召喚獣としての力が抑えられた状態になるが、当然神なので死なず幻術界に戻っただけで、時々地上に現れるところを倒せると、じゃあ一回だけ召喚の権利を…という感じ。

    「召喚獣を4匹集めて全員同時に押そうぜ!」といったことはプレイヤーの皆さんでやると思うが、そのゾーンで一回召喚獣が呼ばれたら、15分ぐらいはほかの召喚獣が呼べないなどの制限は入れると思う。

類似のシステム

関連項目