蛮神/三闘神

三闘神(The Warring Triad)

Table of Contents

概要

  • 古代アラグ帝国蛮神制御技術によって囚われ、魔大陸アジス・ラーに封じられた三柱の「闘神」。
    序説 : 「三闘神」とは、いずれも第三星暦末期に、南方大陸「メラシディア」の先住種族たちが、
    アラグの軍勢に対抗すべく召還した三柱の蛮神である。
    序説 : 蛮神は信者の「願い」を反映した力を持つ。
    「侵略者の排除」という願いが、強大な戦闘能力として、顕現したのだとすれば、その力は計り知れない。
    序説 : こうした存在を、アラグの軍勢は捕獲したのである。
    蛮神の力を封じる「拘束具」の技術と、捕らえた信者を利用し、顕現を維持しつづける禁忌の技術によって……。
    序説 : しかしながら、5000年の永きに渡り、魔大陸アジス・ラーの奥地に封じられてきた三闘神が、
    覚醒の徴候を示しはじめた。
    序説 : 三闘神を吸収することで、さらなる力を得んとした、イシュガルド教皇トールダン7世による介入のためだ。
    序説 : さいわい教皇の野望は、光の戦士たちによって阻止されたが、
    蛮神制御技術を欲するガレマール帝国が、侵入の機を窺っている。
    致命的な事態に到る前に、三柱の闘神を討滅せねばならない……。
三闘神の像

女神

1qRREqf.jpg
  • 女神ソフィア討滅戦
  • 基部となる巨大な頭部の上に、さらに女性の全身像が乗っており、後光のような構造物を背面に配する。
  • 「女神」の章より抜粋
    女神ソフィアは「均衡」をつかさどる神性と考えられており、
    信徒は傾いた天秤を正常に戻すべく、アラグの侵攻に徹底抗戦した。
    それは「蛮神」という、新たな崩壊の種を撒いてしまったのだが。
    「均衡」を是とする考え方は、我が主のそれに通じる部分がある。
    「光」も「闇」も世界の存続に欠かせぬものであり、
    いずれかの急激な増大は、世界の存在そのものを無と化す。
    初めて出会ったとき、我が主はこう言った。
    私は光の使徒ではない、だが「今」は、光に与する……と。
    機に応じて立場を変えられねば、調停者の使いは務まらない。
    我々の正義は、「闇」にも「光」にも「均衡」にもない。
    その時々で形を変える正義を追究し、破滅を回避する。
    勝利なき不毛な戦いを「調停」する……それが我らの使命なのだ。

魔神

BZVuc72.jpg
  • 魔神セフィロト討滅戦」
  • 翼を持ち、六本腕の筋骨隆々な男の姿をしている。下半身は無く、下部分は構造物と融合している。
  • 南方大陸の樹状種族が「世界で最初の聖樹」として崇めていたとされる。
  • 「生命操作能力」を持ち、生命を自在に成長させる事が出来る。なお、その能力は他者だけではなく自己までにも及ぶ。
  • 「魔神」の章より抜粋
    「世界で最初の聖樹」を神格化した「生命」を司るセフィロトは、
    環境エーテルを操り、生命を自在に「成長」させたという。
    そして、この能力は自分自身にまでおよんだと記録されている。
    セフィロトは自己を巨大化させ、その質量自体を武器として、
    アラグの軍勢に甚大な損耗を強いたというのだ……。
    だが、結局はアラグの手により捕獲され、封印されてしまった。
    アラグは、捕獲したセフィロトの「生命操作能力」を、
    数々の禍々しいキメラ生物の「培養」に利用したという。

鬼神

  • 翼を持ち、巨大な戦斧(または槍)を持った鎧姿の男の姿をしている。魔神と同じく下半身は融合している。

微睡みの神

  • ラストバトル、魔科学研究所において、ナイツ・オブ・ラウンドである騎神トールダンが、
    「竜の眼」を喰らいし聖剣アスカロンよ……
    この地に眠る、微睡みの神より力を引き出せ!
  • と発言している。これは恐らく三闘神の事を指していると思われる。

三闘神へ至るという事

蛮神が三闘神の力を手に入れるとどうなるのかは、今後のストーリーで明かされるようだ。

他作品での三闘神

  • FF6にて重要な存在として登場。
  • 遠い昔、天から降り立ったという3柱の神。お互いを恐れて争いを始め、その争いに巻き込まれた者を幻獣へと変貌させた。
  • やがて争う愚かさに気付いた3者は、互いに力を打ち消し合うことで自らを石像に変貌させ、眠りについた。
  • 最後に幻獣達に心を与え、自分達を目覚めさせないよう命じたという。

関連項目

蛮神】【魔大陸アジス・ラー】【アラグ帝国】【魔科学研究所

蛮神:【アレキサンダー】 【イフリート】 【オーディン】 【ガルーダ】 【シヴァ】 【スサノオ】 【セフィロト】 【タイタン】 【ナイツ・オブ・ラウンド】 【バハムート】 【ビスマルク】 【フェニックス】 【ラクシュミ】 【ラムウ】 【ラーヴァナ】 【リヴァイアサン】 【善王モグル・モグXII世