蛮神/ラーヴァナ

ラーヴァナ(Ravana)

  • 蛮神のひとつ
  • グナース族が呼び降ろした武の神。
Table of Contents

概要

  • 武を誇り、勇を好む、猛々しくも誇り高き神であり、その気質は豪放。
  • 戦いを神聖なものと捉え、月光剣「チャンドラハース」を手に悠然と決闘に臨む。
09ee05b00893cd9ff187beb27302d04a379b09cf_2.png
09ee05b00893cd9ff187beb27302d04a379b09cf_3.png

召喚の経緯

  • 高地ドラヴァニアに住むグナース族はドラゴンの襲撃に怯えながら暮らす事を余儀なくされていた。
  • 迫るドラゴン族の脅威に対抗するため、純粋に「武力」を求めた結果、武神を呼び出すに至ったと思われる。

作中におけるラーヴァナ

三闘神へと至る可能性

公式情報

関連項目

蛮神

蛮神:【アレキサンダー】 【イフリート】 【オーディン】 【ガルーダ】 【シヴァ】 【スサノオ】 【セフィロト】 【タイタン】 【ナイツ・オブ・ラウンド】 【バハムート】 【ビスマルク】 【フェニックス】 【ラクシュミ】 【ラムウ】 【リヴァイアサン】 【三闘神】 【善王モグル・モグXII世】 【神龍