蛮神/ラムウ


ラムウ(Ramuh)

  • 蛮神のひとつ。
  • 「雷神」として恐れられると同時に、「守護と調停の神」としての一面も持つ。
蛮神/ラムウ

概要

  • シルフ族が崇める雷の神。

    伝承では、古の知識をもつ理知的な「森の古老」として語られているしかし、厳正なる審判者としての一面も併せ持ち、森の聖域を侵す者には、容赦なく「裁きの雷」を下すという。

召喚

  • 実は第六星暦末期に一度召喚されているが、その性質からグリダニアを攻撃するようなことはなく、またその後もしばらくは再召喚もされてこなかった。
  • そのため、グリダニアの民にとっては、同じ黒衣森内部で召喚されていながら、ラムウよりも好戦的なガルーダの方がより強い脅威として映っていた。

再召喚

蛮神戦

  • ラムウとも蛮神戦を行う事が出来る。(物語の進行上、「力を示す」という趣旨ではある)

公式情報

関連項目

蛮神

蛮神:【アレキサンダー】 【イフリート】 【オーディン】 【ガルーダ】 【シヴァ】 【セフィロト】 【タイタン】 【ナイツ・オブ・ラウンド】 【バハムート】 【ビスマルク】 【フェニックス】 【ラムウ】 【ラーヴァナ】 【リヴァイアサン】 【三闘神】 【善王モグル・モグXII世