蛮神/オーディン


オーディン(Odin)

蛮神/オーディン

概要

  • 黒衣森」を彷徨い歩く、古の蛮神(the elder primal)
  • いつ誰がこの世に喚び降ろしたのか、その真実を知るものはいない。屈強な軍馬「スレイプニル」に跨り森を闊歩するのは、倒すべき仇敵を求めてのことだと噂されている。

悪神「オーディン」の伝説

  • 古代アラグ帝国が隆盛を極めた第三星暦に記された聖典に、その存在が「悪神」として記されているという。
    巨大な黒き獣に乗った、漆黒の亡霊騎士……。
    これは、聖典において語られる伝説の悪神、
    「オーディン」の描写と一致する。 

「悪神復活」と「聖女ウルズ」

聖典において語られる悪神「オーディン」とは、
全てを切り裂く魔剣の持ち主だ。
彼はその魔剣で、多くの民と聖女「ウルズ」を殺している。
だけど、それをアラグの英雄が打ち倒し、
森の泉に封じたとされているんだ。
……今までそれらは、おとぎ話だと考えられていた。
でも近年、アラグ帝国時代の遺跡が次々に発掘されて、
悪神「オーディン」の存在が真実味を帯びてきたんだ。
そんな中での亡霊騎士の目撃情報・・・・・・。
……聖典によれば、悪神「オーディン」は黒衣森の奥、
ウルズの泉で、クリスタルで厳重に覆われ、
封印されている、とある。
そして、たしかにあそこにはクリスタルがあるんだ・・・・・・。
冒険者さん、「ウルズの泉」に行って、
クリスタルに異常がないか、確認してきてもらえないかな?
  • 冒険者がウルズの泉を調べると、そこには「切断された封印石」が遺されている。
  • これを回収して、オ・アパ・ペシに渡すと、以下のような台詞を聞くことが出来る。
……かすかに魔力の名残を感じる……封印石かな?
それにしても、恐ろしいほど滑らかな切断面だね。
聖典に記された「魔剣」の力に違いないよ。
噂の亡霊騎士は、間違いなく悪神「オーディン」だろう。
しかし、封印を解かれたというのに、なぜ森に留まっている?
  • ここで言う「魔剣」とは、「斬鉄剣」のこととみて間違いないだろう。
  • なお、実際のF.A.T.E.で、オーディンが以下のような台詞を発言することがある。
…ウルズよ…いずこに…
…ウルズよ…そなたの元へ…
…ウルズよ…今度こそ…
  • 上記の言葉から察するに、アラグ帝国の歴史では「悪神」とされ、「聖女ウルズを殺した」とされているオーディンだが、
  • 実際には「ウルズを探し求めて」いるようであり、聖典の記述が必ずしも正しくない可能性がある。

クリスタルタワーがらみのクエストでも明らかなように、アラグ帝国は他大陸に侵略戦争をしかけたり、 英雄ティターンをリーダーとする民衆の反乱がおきたりと、その治世は決して穏やかではなかったようだ。 想像の域を出ないが、オーディンもまたアラグの圧政に対抗しようとしていた存在なのかもしれない。

討伐と失踪

  • オーディンは討伐される度に姿が変わる上、そもそも顕現に必要な「信者」がいない程古い蛮神である。
  • それらの謎を解くために角尊オ・アパ・ペシ達調査隊が組織され、光の戦士の協力で見事討伐を果たす。
  • その結果、オーディンの本体はその手に持つ「斬鉄剣」であり、鎧は仮初の物に過ぎない事が判明する。
  • 斬鉄剣は回収され、封印されるはずであったが、移送担当の神勇隊の隊士が斬鉄剣を持ったまま失踪してしまう。

蛮神戦

FATE


  • オーディンは他の蛮神戦と異なり、黒衣森ティノルカ地方)のいずれかで随時発生する特殊なFATEでのみ登場する
    • 中央森林、北部森林、南部森林、東部森林でそれぞれ確認されている。
  • オーディンが出ている場合、黒衣森全域の天候が「闘気」となり、該当地域に入った場合にオーディン専用のBGMが流れる
  • オーディンのFATEは通常のFATEと異なりマップ上に「赤いFATE範囲」が表示されない

報酬

  • プレイヤーまたはパーティの貢献度により、「オーディンの被布」を得る事がある。
  • この「オーディンの被布」は一定数集めるとモードゥナにいるロウェナがアイテムと交換してくれる。

事前情報

吉田:少し変わったことをやりたいなと。今まで「FFXIV」の歴史の中で「オーディン」の名前はなかったので、古い時代の第三星暦に登場した1人の英雄にまつわるエピソードを設定チームに作って貰いました。英雄が蛮神化して、記憶と目的を失って、エオルゼアの大地のいろいろなエリアを放浪している……。そんな蛮神にしようかと思っています。

公式情報

関連項目

蛮神

蛮神:【アレキサンダー】 【イフリート】 【ガルーダ】 【シヴァ】 【セフィロト】 【タイタン】 【ナイツ・オブ・ラウンド】 【バハムート】 【ビスマルク】 【フェニックス】 【ラムウ】 【ラーヴァナ】 【リヴァイアサン】 【三闘神】 【善王モグル・モグXII世