種族/ヒューラン

ヒューラン(Hyuran/Hyur)

ヒューラン族

性別

種族の特徴

  • エオルゼアでもっとも人口が多い。
  • 約千年前からの過去三度にわたる大移動で、近隣の大陸や島嶼から流入してきた種族
  • 中肉中背、短く丸い耳、長旅に耐える健脚を持つ。
  • 彼らが持ち込んできた文明(技術・思想)は、エオルゼア文明を飛躍的に発展させる原動力となった。
  • さまざまな出身地に拠る多様な言語や文化体系は強みとされるが、その反面民族としての意識は低く個人を尊ぶ気風が強い。
  • コンセプトアートの中で、大きさの比較としてヒューラン男性の身長が「174cm」という記述がある。

ヒューラン族の王朝

  • ヒューラン族はかつて「ソーン朝ウルダハ」として栄えたことが知られている。約300年前の時点で成立が確認されており、「プリンセスデー」で登場する「エドヴィア姫」とその父である「国王バルドリック」はその「ソーン朝ウルダハ」の人物である。

    ウルダハは長い歴史を持つ国で、数度に渡って王朝が交代してきました。 そして、300年前の時点では、ヒューラン族のソーン朝ウルダハを支配していたため、 お姫様や王様の名前がヒューラン式……というわけです。

部族

中原の民ミッドランダー高地の民ハイランダー
MidlandHyur.jpgHighlandHyur.jpg

関連項目

命名規則/ヒューランの命名ルール

種族:【アウラ】 【エレゼン】 【ミコッテ】 【ララフェル】 【ルガディン

部族:【エレゼン/シェーダー】 【エレゼン/フォレスター】 【ヒューラン/ハイランダー】 【ヒューラン/ミッドランダー】 【ミコッテ/サンシーカー】 【ミコッテ/ムーンキーパー】 【ララフェル/デューンフォーク】 【ララフェル/プレーンフォーク】 【ルガディン/ゼーヴォルフ】 【ルガディン/ローエンガルデ

FF11との関係

  • FF11のヒュームに非常によくにた外見を持つ。