異端者


異端者(いたんしゃ / heretics)

  • ドラゴン族との戦いに明け暮れるイシュガルドにおいて、そのドラゴン族に加担したものや戦いを拒否したものを呼ぶ
    ドラゴン族に加担した者や、戦いを否定した者は
    異端者として審問にかけられます。
    もし逃げ延びたとしても、町には二度と入れないでしょう。
Table of Contents

概要

異端審問官(Inquisitor)

  • 審問することにより異端者を見つけ出す役割を持つもの
  • 教皇庁の直属であり、影響力は絶大とされる

異端審問官ギイェーム(Inquisitor Guillaime)

  • 数ヶ月前の酷い吹雪の夜に赴任してきた新しい異端審問官
  • 調査を進めるうちに、本物のギイェームはホワイトブリム前哨地での着任前に殺害されていたことがわかり、証拠を見つけ出したアルフィノ冒険者はギイェームの偽物を「スノークローク大氷壁」に追い詰める。

ドラゴンになった少年(The Boy and the Dragon Gay)」

帰依のアルマンテル

  • 異端者「帰依のアルマンテル」がモードゥナに流れ付き、当地の治安を乱している。
  • 元は教皇庁に忠実な騎兵だったらしいが道を踏み外し、今ではドラゴンの眷属と行動を共にしているという。

  • ホワイトブリム前哨地には異端者を収容する地下牢もある

氷の巫女

→【イゼル】【蛮神/シヴァ