次元の狭間オメガ


次元の狭間オメガ(The Bend of Time - OMEGA)

概要

ハイデリンの理の外から飛来したと言われる謎の生命体が“オメガ”である。生物なのか機械なのかすら定かではない。アラグ帝国時代に蛮神バハムートを捉え、活動を停止していたが、蛮神撃退のために再起動された。その後は、ギラバニアへと消息を絶ったが……。

オメガ起動

オメガ

FFシリーズ

  • FFシリーズで度々登場するボスモンスターの名称。
  • FF5で登場したモンスター古代文明が生み出した最終兵器という設定で、洞窟「次元の狭間」に設置されていた。
  • 戦わずにすすめることも可能で、倒しても「オメガの勲章」という効力のないアイテムが手に入るだけであった。
  • 全体攻撃とカウンターが特徴的で、常時シェル・常時リフレク状態でかつ物理回避率が95%もあり、唯一の弱点である雷属性および防御力無視攻撃以外をは通用せず吸収する。
  • その後、ボスよりも強いモンスターとして多くのシリーズ作品で登場した。

FF14