機工城アレキサンダー


機工城アレキサンダー(きこうじょうー / Alexander)

Table of Contents

機工城アレキサンダー

機工城アレキサンダー

概要

サリャク河の中央に沈むシャーレアンの遺跡が、突如として「機械仕掛けの巨人」となり動きだした。なんと、ゴブリン族の科学者集団「青の手」が、遺跡に神降ろしを行い、大型蛮神として召喚したのである。
このまま大型蛮神の完全起動を許せば、低地ドラヴァニアのエーテルは枯渇し、新興の都市「イディルシャイア」も壊滅するだろう。直ちに蛮神の内部に突入し、動力源を調査、これを止める手立てを探り出せ!

コンテンツ概要

  • 1パーティ(8人)で挑戦するバトルコンテンツで、1つのテーマに沿って構成された「インスタンスバトルの集合体」となっている。
  • 順次拡張される形式をとっており、1番目のコンテンツ群が「起動編」、2番めに追加実装されたコンテンツ群は「律動編」となっている。
    パート実装時期構造報酬
    起動編2015年6月 バージョン3.0第1層~第4層プロトゴルド防具(1層~4層)、ゴルディオン防具/武器(零式4層)
    律動編2016年2月 パッチ3.2第1層~第4層プロトミダース防具(1層~4層)、ミダース防具/武器(零式4層)
    天動編2016年??月 パッチ3.4第1層~第4層プロトアレキ防具(1層~4層)、アレキサンダー防具/武器(零式4層)

テーマ

  • 身体の中からこれを滅する
  • アレキサンダーは3つのコアを持っており、それぞれのコアを攻略するストーリーとなっている。
    アレキサンダーには、3つの大きな区画がある。
    そのそれぞれが、独立した心核……「コア」を持っているの。

機工城アレキサンダー:起動編(Alexander:Gordias)

概要

起動編全体構造

階層エリア名称概要
第1層フィスト・オブ・ゴルディオスオプレッサー&オプレッサー・ゼロ
第2層カフ・オブ・ゴルディオス機工兵団
第3層アーム・オブ・ゴルディオスリビングリキッド
第4層バーデン・オブ・ゴルディオスマニピュレーター

機工城アレキサンダー:律動編(Alexander:Midas)

概要

  • 起動編クリア後に発生するクロニクルクエスト「ちいさな世界の大きな事件」を進行すると突入できる。
  • 各層をクリアするたびに順次クロニクルクエストを受注する。
  • 入口はアレキサンダー左腕部分に当たる。
  • 左腕部「ミダース」を攻略する。
  • ミダースとはある寓話の主人公の名前
    ミダースというのは、ある寓話の主人公の名前。
    ミダースは神に願って、触れたものを黄金に変える指を手に入れた。
    だけどその指は、ミダースが最も愛する者を、
    生命なき黄金の像に変えてしまった……。

律動編全体構造

階層エリア名称概要
第1層フィスト・オブ・ミダース奇才のラットフィンクス
第2層カフ・オブ・ミダースブラスター&ブロウラー&スウィンドラー&ボルテッカー
第3層アーム・オブ・ミダース万能のクイックシンクス
第4層バーデン・オブ・ミダースオンスローター&ブルートジャスティス

機工城アレキサンダー:天動編(Alexander:Creator)

  • パッチ3.4に実装されたコンテンツ
  • アレキサンダーの最終機能である「時の翼」により、青の手が時間をコントロールすることを阻止するために第3のコアへと突入する。
    アレキサンダーの「最終機能」……
    それは時空を自在に移動し……誤った歴史を修正するための……
    …………「時の翼」!

概要

天動編全体構造

階層エリア名称概要
第1層アイズ・オブ・アレキサンダーリファビッシャー
第2層ブレス・オブ・アレキサンダー傭兵のレイムブリクス
第3層ハート・オブ・アレキサンダークルーズチェイサー
第4層ソウル・オブ・アレキサンダーアレキサンダー・プライム

ストーリー

階差期間

  • アレキサンダー内部に搭載されている巨大な演算装置。
  • 単純な事象であれば予知や予測が可能という。

ミーデの一族

  • 100年前にエニグマ・コーデックスを記したのはアウラ・ゼラの天才技師であるという。
    100年前 「エニグマ・コーデックス」記したの
    さすらいの民 アウラ・ゼラの天才技師!
    ミーデと同じ 青い髪の一族……!
  • アウラ族の一団の話はトレジャーハンターの証言にも登場する。
    古参のトレジャーハンターたち 証言した。
    当時 サリャク河の廃墟を調べる アウラ族の一団いた。
    だけど地震で 全滅した……。

エニグマ・コーデックス

  • エニグマ・コーデックスとは、理想郷を記したものであり、蛮神に組み込まれることで理想郷へと導く操舵装置となるものであるという。
    ……アレキサンダーは、理想郷を求める心が呼んだ蛮神よ。
    その信仰を生んだ「エニグマ・コーデックス」は、
    蛮神に組み込まれることで、理想郷へ民を導く「操舵装置」となる。
    
    完全な状態の「エニグマ・コーデックス」と、
    そこに記された思想に共鳴し、「読む」ことができる者……
    このふたつがそろえば、意のままにアレキサンダーを操れるわ。
  • エニグマ・コーデックスを記したもの
    「エニグマ・コーデックス」を記したのは、私の遠い祖先。
    私たちの一族は長年、そこに描かれた理想郷を追い求めてきた。
    ……「青の手」とは違うやり方で、ひっそりとね。
    あのころ私には、好きな人がいた……。
    一族の先頭に立って計画を進めていたのが、その人。
    私は……ただ彼の役に立ちたくて、夢中で手伝ってた。

神降ろし

  • ミーデは幼い頃にトラヴァンシェーに出会い、「神降ろし」の方法を教わっている。
    ……すべてのはじまりは、私が幼いころに出会った男よ。
    よそ者の奇妙な男が、「神降ろし」の方法を教えてくれたの。
    散逸した「エニグマ・コーデックス」を集め、
    依代(よりしろ)となる遺跡で、儀式を行え……
    そうすれば、君の願いはかなう……って。
    そして、触媒になるという、不思議な角笛を渡された。
    男の名は…………「トラヴァンシェー」。
  • この「角笛」とは「シールロックの宝」とも呼ばれる秘宝で、星に滅びを導くとしてかつてヤ・シュトラが追い続けていたものでもあった。
  • 3年前の神降ろし
    「神降ろし」の危険さに、疑問を持つこともなかったわ。
    そして3年前のあの日…………私たちは蛮神の召喚に失敗した。
    一瞬だけ顕現した蛮神は、仲間たちの命を奪い、
    私の大切な人は、その「コア」に呑み込まれてしまった……。
    何とか蛮神を止めようと、封印を発動させた瞬間……
    「エニグマ・コーデックス」は砕け散り、蛮神は姿を消した……。
    すべてが終わったあとに残されたのは、壊れた夢のかけら……。
    理想郷の夢が記された、もの言わぬ断片。
  • この事故の後、エニグマ・コーデックスのかけらを手に入れたのがラウンドクロスであり、そのかけらを探していたのがミーデであった。
  • しかしミーデはこの3年前の事故以来、コーデックスを読む力を失ってしまったという。
    かつては私も、コーデックスを「読む」ことができたけれど……
    このかけらはもう、私には反応しない。

公式情報

動画

装備画像

JP20150706_1.jpg