極ガルーダ討滅戦

極ガルーダ討滅戦(ごくがるーだとうめつせん / The Howling Eye Extreme)

パッチ2.2での変更点

  • 超える力が発動するようになった。全滅後リスタートの度に5%ずつ効果が上昇していき、最大で25%上昇の効果を得る。ただし、戦闘時間が3分未満でリスタートになった場合は、この効果を得ることができない。

パッチ2.3での変更点

Table of Contents

概要

攻略

前半(岩が壊れるまで)

  • 当初北側にガルーダ
  • 中央北寄り北向きで固定。ランタゲで岩を壊さないよう、後衛陣は4本の岩の中心位置(フィールドの中央)に固まる。これが前半の基本
  • 1回めのワープ後アイオブストーム
    • ガルーダは、ワープすると同時に羽根を飛ばす攻撃をしてくる。初めから終わりまで、ワープしたら赤範囲に注意すること。
      ガルーダがアイ・オブ・ストームを創り出す!
      ガルーダは「アイ・オブ・ストーム」の構え。
      ガルーダの「アイ・オブ・ストーム」
      ガルーダは「アイ・オブ・ストーム」の構え。
      ガルーダは「フェザーレイン」の構え。
      ガルーダは「フェザーレイン」の構え。
      ガルーダは「フェザーレイン」の構え。
      ガルーダは「フェザーレイン」の構え。
      ガルーダは「フェザーレイン」の構え。
      ガルーダの「アイ・オブ・ストーム」
      ガルーダの「フェザーレイン」
      ガルーダの「フェザーレイン」
      ガルーダの「フェザーレイン」
      ガルーダの「フェザーレイン」
      ガルーダの「フェザーレイン」
      • アイオブストームを創りだす!が出てから姿が消え、先に小さな赤範囲が6個程度発生した後にフェザーレインが降ってきて、そののちにアイオブストームが来る。
  • 1回目は北側から来るので、影になるように岩に隠れておく
  • 削りが遅いと2回目に東側からアイオブストームがくる。 ※装備とアクションの見直しが必要
  • 分身
    • 通常通り削ると、2回めのワープなしに分身を呼び出すフェーズになる
    • 真ガルダ同様に赤線と緑線でつながっており、スパルナが赤線、チラーダが緑線で固定となっている。
    • なお分身には被ダメージ軽減バフがかかっており、分身二体が近づくとバフが大きく(1~8まで)なる。そのため、分身同士を近づけるとダメージが通らなくなる。
    • メイン盾がガルーダ(+分身一体)を北の端で固定するなら、サブ盾の受け持つ分身は一番間隔を開けられる対角位置の南の端で固定して処理する必要がある
    • ここでメイン盾とサブ盾で分身1体ずつを受け持ち、1体ずつ集中して素早く倒す必要がある。一定時間経過で倒せないとガルーダと分身で全体攻撃
  • 羽根(シルキー)
    • 真ガルーダ同様にが集まってきて岩を壊すフェーズ
    • 1匹だけ「シルキープルーム」が混じっており睡眠をかけてくるので優先処理


後半(岩が壊れた後)

  • エリアルブラスト
    • ガルーダが消え、中央に現れるとともに全体範囲攻撃
    • 残っている岩柱の数で軽減できる
  • 羽根(スパイニー)
    • 羽根が周囲から集まってくる
    • 1匹だけ「スパイニープルーム」が混じっている。このスパイニーを倒すと5秒間の高気圧エリア(学者の陣の緑色版のようなもの)が発生し、その内側が安全地帯となる。
    • この高気圧エリアをワープ後のガルーダの攻撃とあわせるために、スパイニーだけはほかの羽根から引き離して残しておき、ガルーダが消えるとすぐにスパイニーを処理し高気圧エリアを発生させる。ただしスパイニーを倒すた場所には赤い広範囲のダメージエリアが沸くので、それを踏まないように気をつけること
    • 流れを整理すると、羽根湧き→スパイニーだけ引き離し(サブ盾が適任か)→残り羽根処理→スパイニーをある程度削った状態で残したままガルーダを削る→ガルーダジャンプ→スパイニー処理→スパイニー処理後の大範囲+ガルーダワープ後の羽根攻撃が出るのですべて避ける→緑のドームに全員入ってガルーダの攻撃を無効にする
    • ここで赤範囲を避けそこねると全体範囲の攻撃が来るので、必ず避けること
    • なおスパイニーを誤って先に殺してしまっても、タンクリミットブレイクや双流脚やマインドウィルスなどのINT低下デバフで大幅にダメージが減るため生き残ることが可能。
  • 分身+スパイニー(大旋風モード)
    • 分身とスパイニーが発生する
    • 数秒後に十字の位置に大旋風発生。安全地帯がいくつかあるので、「MT」、「後衛陣」、「ST」に分かれて前半同様に一体ずつ処理する
    • この時も分身二体の間隔が一番遠くなるような配置で戦わないと、バフがついているため削り切れないと思われる
    • 分身を引き離して1体ずつ処理し、スパイニーを先ほど同様に残しておいてガルーダジャンプと同時に処理し高気圧エリアに逃げ込む
    • 高気圧エリアでもかなりのダメージを受けるのでケアルガなどで素早くカバーできるように密集する
    • 非常にダメージが大きくスパイニーを誤って先に殺してしまっタ場合、前述のタンクリミットブレイクやINT低下デバフでも生き残ることはできない。
  • 低気圧
    • なお分身処理が遅いとスパイニーの低気圧デバフが貯まり、スパイニーがサイクロンを撃ってくるがこれがかなり痛い。スパイニーのターゲットを持っていると低気圧デバフがつくが、これが3貯まると爆発するため、それまでにサブタンクにタゲ交換する必要がある。このタゲ交換ができればほぼクリア目前といっていい。
      スパイニープルームの「サイクロン」
  • 後半繰り返し
    • 分身フェーズを終えるとエリアルブラストに戻り、以降はスパイニーから分身への繰り返しになる
    • ガルーダを削りきればクリアとなる。



報酬

  • 討伐報酬として、「ナイトメアホイッスル」とアクセサリ「リング」をドロップ
  • 「自慢できるもの」はナイトメアに騎乗できるナイトメアホイッスル
  • 指輪
    • ヴォーテックス・ディフェンダーリング
    • ヴォーテックス・アタッカーリング
    • ヴォーテックス・レンジャーリング
    • ヴォーテックス・キャスターリング
    • ヴォーテックス・ヒーラーリング
  • ※性能については最終装備のアクセサリ項を参照のこと

関連項目



コメント

  • 情報募集中です!質問や攻略情報等なんでもどうぞ。

    コメント/極ガルーダ討滅戦


      

    ※改行はEnterを2回押し空行を入れるようにしてください。

    特殊な文字を出す方法:

    TAB{こんばんは}→こんばんは   {Ex}{Rare}→ExEx   ===アンダーライン===→アンダーライン   ==小文字==→小文字   --大文字--→大文字