施設・建物/エーテライト/キャンプ・ドラゴンヘッド


キャンプ・ドラゴンヘッド(Camp Dragonhead)

所在地

エーテライト
Camp Dragonhead
キャンプ・ドラゴンヘッド
所属国家イシュガルド
リージョンクルザス地方
所属エーテライト
配下エリア
紅炎台
フェザーゴージ
巨石の丘

施設・設備
ギルドNPC
ショップNPCン・カナゴ
エリアランク
ギルドリーヴ
採集5
採掘5
釣漁5

周辺の状況

  • 第七霊災の影響により気候が一変し、一面の雪原に覆われている。※第六星暦時代には、高原地帯一帯にラノシア地方同様の野原が一面に広がっていた。
  • また寒村に過ぎなかったキャンプ・ドラゴンヘッドも、石造りの要塞へと変貌を遂げている。
  • クルザス中央高地では唯一のエーテライト設置場所となっており、かなり広めのエリア内へのアクセス手段として交通の拠点となっている。※中央高地南部の巨石の丘一帯へは、モードゥナからのエリアチェンジをしたほうが早かったりする。
  • エリア西方には「ホワイトブリム前哨地」がありNPCや木人なども配置されているが、エーテライトが設置されていないため、キャンプ・ドラゴンヘッドからのアクセスは悪い。「蒼天のイシュガルド」以後は、皇都イシュガルドからエーテライト転送網により中央高地へと移動できるが、これにより「ホワイトブリム前哨地」を含む中央高地西側エリアへの移動距離を少しだけ縮めることができる。

周辺の状況(旧FF14=第六星暦時代)

  • (この当時は雪はなく、一面の野原が広がっていた。)
  • 粗皮を目当てにしたウルフ狩りや、トード狩りをするプレイヤーを見かけることがある。
  • フィールドNM「ウラエウス」がキャンプの南側一帯でポップするため、NM狩りをするプレイヤーの中にはお気に入り登録しているものもいる。
  • G5の採集場所となっており、とくに採掘の宝石、ユー原木を求めるプレイヤーを多く見かける。
  • R45以上のインスタンスレイドゼーメル要塞」も付近に設置されており、パッチ1.18以降賑わっている。その後ダンジョン「オーラムヴェイル」(エリアはクルザス中央低地)がエンドコンテンツとして実装され、ザナラーン地方に実装された「カッターズクライ」と共に、冒険者で賑わうこともあった。

隣接地域