天使い


天使い(The Paragons)

概要

  • 次のように語られる
    • メインシナリオで協力する「相棒」は、天使いへの手紙を準備する
    • 天使いが導いた者は、神が呼べるようになるという
    • 「天使い」は、アマルジャ族とかイクサル族に、「神ちゃまの呼び方」を教えた人だはのでふっち。
    • 神ちゃまを呼んちゃった部族は、みひんな、「天使い」の言ふことを、ちゃはんと聞くのでふっち。
    • メインシナリオクエスト利害の調停者」において、天使いが「エオルゼアアシエンを呼び込んだは、おまえたち汚れた都市の民」であると語った

現行版での天使い

  • 英語版では複数形で記述されており、集団ではないかと思われる。
  • 蛮神イフリートに「殿」と呼ばれる存在である。
    徒に厄介也。「天使い」殿の警告せしめし神無き祝福か。
    神は世に一つで足る。故に己を野に放てば、世に障る。
    ……併し。天使い殿は、己を見限る旨、契り約した。
    神降ろしをせぬと、己も余に誓へ。されば五体満足、免罪を下そふぞ。

新生での天使い

  • 新生エオルゼアにおいては次のように紹介されている。
    漆黒のローブと、禍々しい仮面に身を包んだ邪なる者たち。
    エオルゼア各地に出没し、争いの種を巻いて回っているようだが、
    その真の目的は謎に包まれている。
    別名「天使い」
ミンフィリア : わたしたちは以前から、天使い……「アシエン」について調べてきたの。
ミンフィリア : 古の時代より、歴史の陰に潜み、常に混乱と戦を煽ってきた者たち。アシエンは、実体を持たぬ不死の存在よ。
assians.png

関連項目

蛮神】【蛮族

アシエン