地名・国名/リムサ・ロミンサ


"No man may tread upon me, for I am the sea." - 77th Admiral of Limsa Lominsa, N'bolata Tyata

リムサ・ロミンサ(Limsa Lominsa)

Table of Contents

国旗

  • リムサ・ロミンサ国旗は、「竜船旗」と呼ばれている。
  • ベースの赤は犠牲となった仲間たちの血を、黒いロングシップは海賊船を表している。

産業

  • 主な産業としては、漁業と造船業が挙げられる。
  • 市民の過半数が従事しているのは海運業である。

政情

  • 現提督は海賊出身の女性ルガディンメルウィブ・ブルーフィスウィン
    • 第77代提督は、N'bolata Tyata。
    • 西紀前の提督シャーククリーバー(英語だとGuolskyf Bhaldwaensyn?名前が違う)は、食通であり自らも戦艦の厨房に入り浸るほどの調理師でもあったが、レシピ本を刊行し統合的な技術として認識されるきっかけを作った功績を持つ。
FF14都市国家リムサ・ロミンサ
  • リムサ・ロミンサの提督は、提督レース「トライデント」での勝者が選出される仕組みとなっており、このレースで一位となった海賊の首領が次期提督となり「アドミラル(提督)」の名を冠する慣わしとなっている。同時に、勝利した海賊のメンバーが「バラクーダ騎士」となり騎士団を構成する。
  • トライデントの第一レースは陸レースとなっており、冒険者斧術士ギルドのクラスクエストでこの陸レースの一部「雨燕塔」付近のレミング狩りを手伝わされることになる。

軍事

  • バラクーダ騎士団」と呼ばれる強力な海軍を擁しており、各国からの資金も集めエオルゼアの海上治安を一手に引き受けている。
  • しかし、中庭にあたるロータノ海には海賊が跋扈している状態であり、他国からは意図的に見逃しているのではないかという嫌疑を掛けられている。
  • バラクーダ騎士団や海賊たちからなる海軍の実力は近隣諸国を凌ぐものがあり、海戦、海岸からの上陸作戦ともども、術策に長けているという。その反面、高地ラノシアに蟠踞するコボルド族を掃討できないばかりか、海軍主体のリムサ・ロミンサにとりガレマール帝国への押さえとして利用する考えがあるほど陸軍兵力に乏しい。

歴史

  • 建国神話では、母国の難を逃れた大船団が女神リムレーンに導かれて現地に漂着したのがリムサ・ロミンサの始まりとされる。
  • 建国船「ガラディオン」が漂着してから、七西紀が経っているとされる。
  • 船団の主船である伝説の建国船「ガラディオン号(the remnants of the Galadion)」のミズンマスト(最後尾のマスト)の位置には、政庁や飛空艇発着場などを備えた総合タワーが建てられ「ミズンマスト」と呼ばれている。

種族など

守護神

リムサ・ロミンサの海賊

  • リムサ・ロミンサを拠点とする海賊の一覧
名前首領副首領関係NPC備考
シルバーサンド一家
the League of Lost Bastards
メルウィブ・ブルーフィスウィンレイナー・ハンスレッド====現提督輩出海賊。かつては、現提督メルウィヴの父ブルーフィスが率いていた。
断罪党
the Bloody Executioners
隻眼のヒルフィル
(One-Eyed Hyllfyr)
ムーンスケートヴェークビルト、ニウブレート、ハストフワブ、イギ・モーイ、ブラウベンアスタリシア号の首領」、「海賊なら、誰でもアスタリシア号の歴史を知っている。だからこそ、新入りだろうと「断罪党」には敬意を示す。」
紅血聖女団
the Sanguine Sirens
ローズウェンメロドラン
(Merodaulyn)
トリエヌ、ウィラ・カマゾン「女性なら紅血聖女団が推奨」。
新生では黒渦団軍令部の南側にある「永遠の乙女亭」をシマとしている
百鬼夜行
Kraken's Arms
カルヴァランエメリック、ナナピリ「男性なら百鬼夜行が推奨」。
新生では薬舗「セブンスセージ」の近くにいる
海蛇の舌
the Serpent Reavers
トラヴァンシェーサハギン族と繋がりがある。かつては「霧髭入江」を棲家とした。
猟犬同盟
Salthound
ベイヤード現在は高地ラノシアの廃村に潜んでいる
霧髭一味
Mistbeard
霧髭====かつて存在した海賊

リムサ・ロミンサに関係するNPC・組織

関連項目