地名・国名/シャーレアン


シャーレアン(Sharlayan, Shar Layan)

Table of Contents
エオルゼア都市国家
Shar Layan
シャーレアン
国旗
守護神サリャク
リージョンドラバニア地方
政体
君主号
国家統治者====
関連組織哲学者議会
グランドカンパニー
名称
最高指導者
====
施設・設備
冒険者ギルド

国旗

  • 古の昔、貝は永遠に生きる存在だと考えられていた。また“巻き貝”は、その螺旋状の構造から知神サリャクが河に流した“知識の水”を永遠に溜め込む存在と考えられ、“知識の蓄積”の象徴と考えられるようになった。学術都市であるシャーレアンの国旗には、この“巻き貝”の意匠が用いられている。

政情



第六星暦(旧FF14)でのシャーレアンに関するうわさ話

  • (恐らくガレマール侵攻時の戦闘により)都は陥落しているの噂がある。
    シャーレアンの都がなくなり、湖は干上がり、そして空には機械の船……世も末ですよ…… 
  • アラミゴ侵攻時に住民が姿を消した
    かつては、魔法知識に長けた者たちが集っていたのだが……
    ガレマール帝国による、アラミゴ侵略を契機に住民のすべてが姿を消した。
    
    都市「シャーレアン」は、豊富な魔法知識を持つ方々が住んでいた「学術都市」でした。
    ガレマール帝国の脅威を前にして住民のほとんどが、本国へお帰りになってしまったのですが……
    「救世詩盟」の方々だけは、エオルゼアへとどまり、わたくしたちに力を貸してくださっているのです。
  • 北洋諸島に本国があるとされる
    ほかの住民は、北洋の本国に帰ってしまったけどね。

歴史

種族など

技術・知識

  • エーテライト都市転送網、占星術、古代アラグ帝国に関する知識など、他の都市国家にはない知識や技術力がある
    あのエーテライトという代物は、「シャーレアン」の学者たちが無料で設置した便利な装置だ。
    一度でも触れたことがあるエーテライトには、特別な場所でない限り、
    どこからでも一瞬で移動することができる。
    一人のみならず、数人で移動することも可能だ。
    ただ、何度も繰り返し移動していると、おかしな感覚に襲われる。
    シャーレアンの学者たちは「アニマ」と呼ばれる力が失われるからだと言っていたそうだが……
    「アニマ」とやらは、放っておけば回復するらしいからな。
    ギルの残りは気にする必要があるが、これは心配せずともよいだろう。
  • エーテル学・魔法分野ではガレマール帝国を凌ぐ
    彼らは、古の知に精通し、エーテル学や魔法の分野では
    帝国さえ凌駕する知識と技術を持っていたの。

シャーレアン魔法大学

異邦人

  • シャーレアン生まれのヤ・シュトラが、シャーレアンの民を異邦人であると自ら語っている
    なぜ、私が異邦の……。シャーレアンの民だと解ったのかしら?
  • 冒険者もまた「異邦人」と呼ばれる。
    エオルゼアと帝国の戦いに、異邦人の冒険者も力を貸してくれているのです!
    誰ひとり死なせてはなりません!

守護神

シャーレアンに関係するNPC・組織

関連項目

救世詩盟

ルイゾワ】【ウリエンジェ】【ヤ・シュトラ】【サンクレッド】【イダ】【パパリモ

都市国家】【ウルダハ】【グリダニア】【リムサ・ロミンサ】【アラミゴ