地名・国名/8号霊銀試掘場

8号霊銀試掘場(はちごうれいぎんしくつじょう / Mythril Pit T-8)

概略

ミスリルの鉱床を調査するため、アマジナ鉱山社が機械を持ち込んで試掘している場所。アマルジャ族の襲撃により放棄された旅亭を利用して、採掘師と警備兵が寝泊りしている。

8号霊銀試掘場

状況

  • かつて旅亭があった場所だが、近年のアマルジャ族の増強や蛮神の召喚などの煽りを受け、ウルダハ領とは呼べなくなってしまっている。さらにアマルジャ族ばかりかイクサル族までもが、クリスタルを探しにやってくるという。
  • 良質な霊銀が埋まってるとの噂を聞きつけ、アマジナ鉱山社から派遣された霊銀調査部隊が常駐している。ナナワ銀山などからも採掘師が集まっているという。
  • 元々は「銅刃団」の警備範囲だが放棄したために、今は「鉄灯団」が警備している。

関連項目

【簡易施設】